February 01, 2015

ZBC2015 スローガン決定!

昨日の決起集会で2015年のスローガンが決まりました!

『挑戦 - オヤジの意地 -』

去年3部で夏秋連覇したことにより、今年から連盟2部に昇格します。
上位に「挑戦」と平均年齢38歳の「オヤジの意地」を見せるという意味が込められています。

参加メンバーの意気込みと参加できなかったメンバーへのメッセージ


決起集会参加メンバーの今年の個人目標
7  送球エラーゼロ
13 打点30
30 柵越え2本
22 打点30
21 10勝
0  OPS900
4  エラーゼロ、ライトゴロ1、首位打者、見逃し三振ゼロ


今年も頑張りましょう!!  

Posted by zurich_direct at 21:13Comments(0)Junya@13 

November 21, 2014

夏・秋連覇達成!

皆さん、日曜日は秋季大会決勝戦お疲れ様でした。
夏秋連覇という、ZBCの歴史に残る一年に自分がともに、皆さんと喜びを分かち合う事が出来て、とても嬉しく思います。

自分がZBCに入団させて頂いてから、ちょうど一年の節目という事もありますし、優勝後という良いタイミングという事もあるので、自分なりにチームの長所や、これから強化していくべきところなど、ZBCというチームを一度分析するような形で書いてみたいと思います。

●まずは打撃面の長所
・3・4・5番に長打の期待出来る好打者が揃っている。

自分がイメージするZBCのクリーンアップは、松山さん、佐藤さん、廣田さんですが、この3人は他のチームに行っても中軸を打つ事が出来る好打者だと思います。

この3人にチャンスが回って打てなければ仕方ないと思えるようなバッターなので、逆に言えば、このチームはその前にチャンスを作る、9番、1番、2番のバッターの出塁の重要性が帯びてくると思います。

クリーンナップの前に何とか得点圏にランナーを置き、最高な形としては1アウト3塁を作れるように1、2番がチャンスメイクすることが出来るようになれば、得点力はもっと上げる事が出来るでしょう。


・下位からでもチャンスメイクし、得点することが出来る

今回の決勝や夏の決勝でもそうですが、6番、7番、8番が長打を打ち、大事な場面でタイムリーを打つ事が出来ます。
野球の打順はあくまで打つ順番であり、上位は良くて下位は駄目という訳ではありません。

前回決勝の浦澤さんや手塚さん、今回の福永さんや谷野さんのバッティングなど、チームの勝利に直結する得点の多くは下位打線から生まれていますので、下位打線はチーム二つ目のクリーンアップを打つというイメージで立つといいのではないでしょうか。
また、上位のバッターには相手投手の攻めも厳しくなりがちですが、下位の入ると少し気が抜けて、初球甘いコースの球でストライクを取りにくるような傾向があったりしますので、好球必打をすればヒットが出る確率は大いにあると思います。

・出塁し走れるバッターが揃う。

野球は捕手の肩がいくら良くても、投手が牽制しない投手だったり、モーションが大きくクイックが下手な投手なら、大概のチームでは盗塁出来ると自分は考えます。
なので、投手の癖を盗んで積極的に次の塁を狙う姿勢が大切です。

そういう意味では宮さんや弓取さん松山さんなど走れる選手が多くいますので、シングルヒットを盗塁でツーベースにすることが出来ます。盗塁をしそうなランナーが出ると、相手捕手の配球もストレート中心になり、仲間のバッターもストレートに読みをしぼりやすくなるので、ヒットも出る確率も上がる思います。

またZBCには、出塁率が群を抜いて素晴らしい浅野さんや、長打の期待できる堀川さんがおり、個々が自分の役割を考えてチーム野球を行えば、しっかりチャンスを作れ勝てるチームであると一年野球をやって感じました。


●守備面における長所

・二投手による安定したピッチング

ZBCはクリーンナップの厚みとともに投手力の安定が、チームの一番の強みだと自分は考えます。
エースの新妻さんの変化球のキレと制球力は守る野手にリズムと、攻撃にチャンスを与えてくれます。また、スタミナも抜群なので、試合後半になって、ピッチングが大きく崩れる事がありません。

ZBCの今年15勝のうち14勝と、新妻さんがチームの大黒柱であるのは間違いありませんが、今回の決勝のように自分の思うようなピッチングが出来ないケースは、どこかで必ずあると思います。そういう時こそ、皆で声をかけ合い、バックの守りで投手を助け、投手にリズムを与えたいものです。

言わずもがな、野球は投手一人では夏の連戦や決勝の9回を乗り切るのは不可能です。その面で佐藤さんが後ろに控えているのは、ZBCの大きな強みと言えると思います。

自分は一年しか野球を一緒にやっていないので分かりませんが、今年は特に佐藤さんの球が走っていたように見えました。新妻さんの緩急を使ったピッチングの後に、スピードボールを投げる投手がマウンドに立つとバッターは嫌なものです。佐藤さんには来年以降もスピードのあるストレートとキレのある変化球を磨いて、試合を締めて頂きたいです。


来季ZBCは調布2部に上がりますが、うちのチームのポイントは何より守備にあると思います。
無駄なエラー、四球があるようでは上では勝つ事が出来ません。
投手による牽制刺し、捕手の盗塁捕殺も必要となってくるでしょう。
内野ゴロは正確なスローでアウトを取る、外野も守備範囲を広げ、ポテンヒットを極力防ぐといったところが出来れば、攻撃は良いものを皆もっていますので、簡単に負ける事はないと思います。

スローイングをキャッチボールの時点から真剣に相手の胸に目がけて投げましょう。
トスバッティングも実際に試合を想定したバッティングを心がけましょう。
ジムに行き、背中および、下半身を鍛えましょう。

このチームの一番良い所は全員野球が出来るという所です。
スタメンでないメンバーも、必ず活躍出来る場面を作り、皆の力で勝つ。
それが一番の長所であり、誇れるところです。
その良い所を維持したまま、来年の調布大会も勝てるチームにしていきたいですね。


20141116_211210
   秋優勝祝賀会     

Posted by zurich_direct at 00:25Comments(6)yamashita@8 

November 04, 2014

夏・秋連覇へあとひとつ!

初優勝した2009年から5年、、、
新たな目標としていた夏・秋連覇へあとひとつまできました。

最高ですね。

今回で4回目ですが、決勝戦前の一週間がたまらなく好きです。

今日は帰宅してから、ずっと連盟のトーナメント表(本日更新)を見てニヤニヤしていました。

高校球児のような気分で、ワクワクしています。

皆さんはいかがですか?


・決勝戦は夏と同じ顔合わせ。
相手はリベンジとばかりに気合を入れてくるでしょう。
夏に勝ったとはいえ決して見下せる相手ではありません。
再度、強者に挑戦する気持ちで戦いましょう!

・球場
いつものグラウンドではないので、気持ちの入れ方が難しいかもしれませんが、
決勝戦なのでそんなことを言ってられません。素晴らしい球場で決勝戦ができる喜びを感じましょう。
ファールゾーンがいつもと比べ広いです。
守備のカバーリングが重要になります。カバーしていなかったことにより無駄な進塁をさせないよう、カバーリング意識を徹底させましょう。逆に攻撃時は一つ先へ進むチャンスです。


ZBCの最大の武器は『チームワーク』、、、皆で準備し、皆で戦い、皆で勝って笑う!

最高の2014年にしましょう!
  

Posted by zurich_direct at 21:55Comments(1)Junya@13 

September 01, 2014

2年ぶり3度目の優勝!

皆さん、先週日曜はお疲れ様でした!
遅くなりましたが、キャプテンズアイ書きます。

2年ぶり3度目の優勝おめでとうございます。

一回戦   vs スカイウォーカーズ  9-2
二回戦   vs 調布OB     12-4
準々決勝 vs ナイテンズ   2-0
準決勝   vs 調布フェニックス  7-1
決勝      vs YAMANE   3-0

相手にリードを許したのは準決勝の初回ただ1イニングのみ、常に先手を取り、流れを引き寄せるという意識が全員で共有できたのが優勝できた要因だと思います。
調布の大会では非常に重要なことです、秋も続けていきましょう。


皆さんにコメントもらいました!

*****
#0
夏の大会はチームに勢いがあって常にうちに流れが来ていた。流れが相手に行かない理由は個々のプレイに安定感があるってことかな?大崩しなくなったよね。秋もこのままで行こう!!秋は夏には切らなかったカード、『俺』をもう少し切ってこうかな?

#2
決勝では打って活躍する事が出来ず申し訳なかったです。
本当に親父も言ってましたが雰囲気がいいチームで、いいチームメイトに恵まれたおかげで優勝したと思います。
チームの一員に入れて頂き本当にありがとうございました。

#3
完封で勝てたと言うことがキャッチャー冥利に尽きる試合でした。ピッチャーの頑張りはもちろん、廣田が取ってくれたビデオをベトナムで毎晩見て、打者の特徴を把握しメモして望んだので、プラン通りのリードができました。前日成田から直行したバッティングセンターで2時間打ち込み、先制点に繋がるヒットを打てたのも良かったです。何より準備が大事!、それを再確認させられる試合でした。勝って兜の緒を締めよ!次も勝ちましょう!

#4
みんなナイスプレーだったね!
私は、ビールかけのために頑張ってみました!
しかし、守備では怒られるし、バッティングでもダメだしされるし、散々でした!
次は、活躍したいです。

#6
今年の優勝へのチームの原動力は新監督の忍耐と個性を活かす采配に大きく感謝したい。そしてここ数年で培ったチーム連携と一人ひとりが何が出来るかを考え、そしていかに実行に移せるか、その成否が時に苦しみ、ただし多くは勝利という結果に繋がった。確かに今年も二人の素晴らしいピッチャーのおかげで試合を作ってきたが、仲間とその一人として過ごした今年の夏は忘れられない。そしてまた成長したい。

#7
今大会は、野球ドシロウトなんだけど、チームに溶け込み、ムードメーカーになり、ドンドンうまくなっていった、ゆみが参加したことが大きいと思います。それを受け入るチームメイトのフトコロの深さが、チーム全体を底上げし、なしえた結果がひとつの要因でしょうか!
個人的には、ずっと、サードとショートを守らせてもらいまして、使い続けてくれた、監督とチームメンバーに感謝してます。すごく自信がつきました。ありがとうございます!!!成長できました!

#8
夏の大会優勝、素晴らしい夏の思い出になりました。
レフトライナー、スルーパスをしてしまった自分が言うのはなんですが、野球はやっぱり守りの強いチームが勝つスポーツだと思います。
打撃は水ものですが、守備は試合毎に調子が変わる訳ではないので、無駄なエラーがなければ、これからも勝ち進む事が出来ると思います。ノーエラー野球を日々の目標に、秋の大会優勝目指して、あと半期頑張りましょう。

#17
チームとしてはつまらないミスがずいぶん減ったなぁという印象です。個人的にはレギュラー目指してまずは参加率アップを頑張ります。

#21
今大会はよく打ってくれて、投げてる方は楽させてもらいました。
特に3番4番が打つと違うな〜と実感しました。
失策が少ないのも優勝できた大きな要因でしょう。

#22
3度目の優勝でしたが、やっぱり、一番長い夏を過ごせたのは素晴らしいですね。
今回の勝因としては、大事な場面での守備のミスなどが少なかったことかなと思います。今度は初の夏秋連覇を実現しましょう!今回の戦い方ができれば、不可能ではないと思います。個人的にはいまいち活躍できてなかったので、秋はもっと調子上げたいと思います。
*****

皆さんコメントありがとうございます。


#4  夏季大会首位打者と最高出塁率の活躍。
#8  決勝戦、先制タイムリーとまさかのスルーパス補殺。
#17 決勝戦、ダメ押し2点タイムリー。

2012年優勝後に加入した優勝初経験二人と久々に参戦中ZBCの大砲が活躍して優勝。嬉しいもんですね。
ポジション争い激化中ですが、切磋琢磨していきましょう。


とにかく皆の笑顔が最高でした!

どうせ二部に行くなら、秋も優勝して行きますか!ん?

1408862373057
DSC_0383

  

Posted by zurich_direct at 22:50Comments(2)Junya@13 

April 13, 2014

好投手の崩し方

今日はお疲れ様でした。
連盟一部相手に1-2で敗戦。
しかし、1-0で勝てた試合でもありました。
むしろ相手投手を考えたら1-0で勝つ以外、勝つ方法がないぐらいだったと思います。

9回で安打4本、四死球0、相手の失策0

つまりランナーは4人しか出ていないということです。
たまたま連続長打で1点とったとはいえ、5回から9回までは5イニング連続3者凡退。
安打4本のうち3本はツーアウトから。

唯一ノーアウトでランナーが出た2回がもったいなかったですね。
無死2塁から結局2塁残塁で終了。
終了後に話題があがりましたが、あの回こそ、うちの野球(攻撃)ができる最高のチャンスだったのだと思います。
あそこで先取点がとれていれば。。。

たらればを言っても仕方ないことはわかっていますが、こういう場に残しておかなければまた繰り返すことになると思い、書きました。
先取点は大事です、特に連盟は時間が決まっていますので先に優位に立ちたい。
取れるところで確実に取る、チーム全員で今後意識していきたいところです。

あと、三振が11個と多かった。
三振は自己完結のアウトです。前に飛ばせば相手の誰かが処理しなければアウトになりません。
フライをあげれば誰かがとらないとアウトにならない。ゴロを打てば誰かがとって投げて、取らないとアウトにならない。
いくら守備が固いチームでもいつかはエラーします。

相手が好投手なら、技術うんぬんではなく、まずバットに当ててゴロを転がすことから始めるのはいかがでしょうか。ヒットを打つんじゃないです、ゴロを転がすんです。相手がエラーしたら状況はヒットと同じじゃないですか。

とにかく今日は調布次戦に向けて、最高の経験になった試合でした。
必ずいかしましょう!

そして今後は勝つ!  

Posted by zurich_direct at 19:49Comments(1)Junya@13