DSCs_0001

本日快晴。堺のまっちゃん、かすどん、ミキティと連れ立って、最近、旧葉山足湯近くにオープンした食堂、「ヤマウシ小屋」を目指す。ヤマウシ小屋は逗子駅から山周りの2番バスに乗って長柄交差点で下車。逗葉新道方面へ大通りを10分ほどずんずん歩きます。森戸の山のやわらかな緑が心地よくて、うきうきしながら進みます。

DSCs_0001 (2)

小屋ってどんな古屋だろうと思っていたら、3階建ての美しい一軒家。そのギャップにちょっとびっくり。

DSCs_0001 (5)

シンプルでいて温かみのある店内。

DSCs_0001 (7)

あ!これは今、巷で話題の雑誌、横須賀スキップではないですか。ちょっとこちらで宣伝タイムです。スキップは私のお友達のかすみさんが、仲間と一緒に製作している雑誌です。毎回超レアな横須賀情報が乗っていてスキップしたくなる感じ。2号目の特集は、あまからおやつ劇場。「あ、ここ知ってる!」「知らなかったけど行ってみたい」。そんな魅力あふれるお店が、これまた魅力あふれるお店の秘話とともにのんびり紹介されているのが楽しい。なんとイラストは、これまた私のともだちのてばちゃんが担当しているんです。価格は税込み525円/冊。問い合わせは三浦スキップ社(miuraskip@gmail.com)まで。
DSCs_0001 (8)

ぐ〜〜〜。腹が減ったので店に戻ります。本日のメニューはこちら。「カレーが猛烈に美味しい」とのことでした」ので、さっきまでは「カレー!」モードだったのですが、大好きなキッシュに一瞬で心奪われましたの。

DSCs_0001 (14)

どーん!大きなプレートにのって運ばれてきました。実はこの前にはスープもあったのですよ。「クッキーとほぼ同じ台」というキッシュは香ばしくてどしんとした味わい。何よりサラダの野菜や、大葉と炒めた蕗が新鮮でやわらかく香りがあって、夢中で頂きました。ちなみにビールはハートランドかハイネケン。自家製サングリアは濃厚さが魅力。お酒も頂きたいという方はぜひ、バスでいらしてくださいね。逗子から小一時間ぶらぶら歩いてゆくのも楽しいかも。

DSCs_0001 (17)

満腹になったことだし、かすどんとはここで別れて、3人で現在開催中の葉山芸術祭(4/21〜5/13)を回ることに。長柄交差点からバスに乗って葉山大道へ出ようと思ったものの、バスがなかなか来ません。じゃあ、歩いちゃおうかということで、風早橋に向かって歩いていたら・・・?なんか楽しそう。

DSCs_0001 (19)

入ってみると、ko'da styleのコーダさんがいらっしゃいます。かばん屋さんと家具屋さんとシャツ屋さんの仲間3人で出店してらっしゃる「3」というお店でした。三人の個性がマッチしている快適なお店です。ふだんは、BASISという家具屋さんのこちらのお店、「3」としての展開は5月6日までです。興味のある方はぜひ急いで!

DSCs_0001 (21)

さらに風早橋まで来ると、古道具と多肉植物の可愛いお店、WAKKA。

DSCs_0001 (24)

かねてより行ってみたかった少し高台ショップ。気持ちの良いお庭で、コーヒーを頂きました。カノムパンに寄ってチョコレートケーキを買ったり、のどかな一日でしたが、空を見上げると黒い雲。わ、今にも降り出しそう!大慌てで葉山大道に戻って逗子行きのバスに。。。乗りたかったんですがなかなか来ない。20分近く待ってようやく乗って、それからあとも大渋滞。しかしお蔭様でその1時間の間に激しい雨は止んだとさ。

DSCs_0001 (29)

逗子に戻って、市役所裏の美容室chargeで開催中の写真展「犬猫時間5」を鑑賞。猫写真家のmakudekoさんと、犬写真家のinumaruさんによる作品が店一杯に飾られていて楽しい。どうしてこんなに愛らしいショットに出会えるんだろう。わんにゃんたちへの愛情が感じられる心地よい時間でした。

DSCs_0001 (51)

突然、なぜに毛鉤?どこかでワークショップでもやっているの?と思われた方もいらっしゃるかもですが、半分あたりで半分はずれ。今日は友人てばちゃぶさんちで、メロン師匠によるプライベートワークショップが開催されておりました。

DSCs_0001 (39)

大将のちゃびさんにより振舞われるのはたこ焼き!!

DSCs_0001 (34)

絶品〜〜〜。

DSCs_0001 (40)

久しぶりにルンノロコンビとも会えて乾杯〜〜〜。

DSCs_0001 (43)

お隣では笑いあり、涙あり、しびれありのワークショップが展開中。

DSCs_0001 (45)

いいじゃない!いいじゃない!ウェットにドライにニンフ。本日覚えた新しい言葉は、以上! 

男の道具箱

鹿の毛や鳥の羽、いろいろな素材で毛鉤は作られているんですね。材料を入れた小箱が、男のお道具箱みたいで格好良かったな。

さて、おもちゃばこみたいに楽しい一日。ゴールデンウィークらしい気分転換日和となりました。葉山芸術祭の内容は、日程などがばらばらで複雑なので、調べてからお出かけになったほうが良いかもしれません。問い合わせは、アートカフェ、電話046-877-1441。