zusitto逗子■てくたく日記

海と山に囲まれた神奈川県逗子市から発信する日々の のほほん生活

アロハな人々

一日千秋

DSC_0311

待ち焦がれる喜び

若者大路

若宮大路

鎌倉の夏

亀岡八幡宮で逢いましょう

丸刈リータ師匠

ドレスコードは、手ぶら

マタニティ撮影会

撮影隊

メロン師匠のお友達ご夫妻、モーリーとかずちゃんが逗子に引っ越していらした。その記念と、奥様の近々に迫った出産を記念して、今のご夫婦を逗子の風景と一緒に切り撮ろうということになった。そんなわけで、コーディネイターのホワイティ丼の案内により、カメラ好きの友人が撮影隊となって、あちらこちらで、シャッターの音が響き渡ることになった

浪子不動

お二人とも写真のモデルは初めてとのこと。そしてこちら撮影隊もモデルを撮るのは初めて。けれどどう撮っても幸せいっぱいの二人ですから、楽しくないわけがない! 「レフ板だー」と真顔で傘を2本広げるメロン師匠の助けもあって、現場は笑顔でいっぱいなのだ

海

もちろん、海のショットははずせませんな

東郷橋

東郷橋はまるで、イギリスあたりの景色にみえる

乾杯

たくさん歩きつかれて撮影終了。お二人のご新居に招待していただき、今日のお礼にと美味しいお料理をたくさん振舞って戴きました。

手作りピッツア

生地から手作りしていただいたピッツア。もっちりと美味。食事のあとはお酒を戴きながら、みんなが撮った写真を大画面で一枚一枚鑑賞。その数なんと600枚超え!同じ被写体なのに、こんなにいろいろなカットがあるんだなあと、勉強になりました。

待ってるよ

さて、お父さんとお母さんの準備は万端。親指姫様、元気に逗子にいらっしゃーい。私たちも待ってますよ〜!

逗子と材木座の狭間で

DSC_0047
夫婦とパートナーの狭間もある

I Love Tomorrow

パニオロ山内さん

明日があるって待ち遠しい!

なぎさの人々

なぎさボーイズ

MAHALO!

Good Bye summer

男子

女子

こんな景色もまた来夏!

perfect!

満天於

点数不要

続きを読む

GOLD MEDAL

Rinちゃん

お店のシェフが料理コンテストで貰ったメダルだよ」と

Rinちゃん

いつも元気な働き者

その笑顔が

いいねいいね

おちゃめなふたり

見つめあって

<photo/逗子三遊亭にて>

親子じゃないのに親子なふたり

おどけてみせて

破顔一笑

いい笑い

逗子の海の子どもたち

逗子の子どもたち

未来は僕らの手の中

恵三光さん

横須賀ヒデヨシにて

立ち呑み屋で隣になったら

それはもうご縁だ

机の上で恵三光と書いて

名前を一発で読めたのは女房だけだと自慢した

今夜も一杯

つく志にて

呑んでる顔って 好きだなあ

漁師通りの漁師のおいちゃん

漁師のおいちゃん

おいちゃんは若い女の子優先に注文を取りに来る

私のテーブルからペンをさらっていった

怒ってない

そんなおいちゃんが好きだから

波のまちの子どもたち

夏の子ども

夏が寄りそってた。

カメラの日に出会ったアロハな人々Υ阿海海蹐呂劼箸

心はひとつ

海はひろいな大きいな

カメラの日に出会ったアロハな人々タ晃佑量鸞

シローさん

かっこいい

それだけの理由で被写体をお願いした

ものすごい有名人だった

ししし失礼しました

恐縮したら

海のバーベキューのお誘い

何時とは決めないそんな約束が楽しくて

カメラの日に出会ったアロハな人々時をかける少年

時

意識しているのは

時間か

夏か

カメラの日に出会ったアロハな人々young go go !

男子部

撮ってくださいよーと明るい声が響く

いいよいいよーと言うと

2人しかいなかったのにどこからかわらわらと沸いてきた

女子部

おんなじグループらしい女の子たちもやってきた

過去に還りたいとは思わないが

若さはいい

屈託ない図々しさが

カメラの日に出会ったアロハな人々/晃佑料ヂ膵さん

森戸の船大工さん

路地の向こうから

ベージュのキャップ帽をかむった年配の男性がやってきた

海に下りる階段の手すりに寄りかかってタバコを一服

裕次郎灯台が似合いそうと思って

写真を撮らせてくださいとお願いする

一瞬断られそうな気配を感じ取って

どんどん背中を押させてもらう

よろしくお願いしますともう一度言うと

良いも悪いもなく

右手でゆっくりと帽子を脱いだ

瞬間

優しそうだった目が鋭く光って

その変化にどぎまぎする

ありがとうございましたとお別れしようとしたら

「江ノ島の後ろに、昔はよく富士山が見えたんだよ」と

不意にある節を口ずさんだ

 

真白き富士の根、緑の江の島

仰ぎ見るも、今は涙

歸らぬ十二の雄々しきみたまに

捧げまつる、胸と心

 

それは「真白き富士の嶺」

昔はたくさん仕事があったよと

船大工だった人は笑いもせず微笑んだ

プロフィール

たく

好きなもの。詩集、平屋、旬の味覚、太極拳、ヨガ、ブローティガン、マイケルナイマン、ボブディラン、トムウェイツ、友部正人、ハワイアン、あてのない散歩、あてのない旅、迷子、健康診断、空、海、雲、焼鳥、茶碗蒸し、卵、採れたて野菜、おじいさん、おばあさん、聞き分けの良い子ども、子どもらしい子ども、名水、縁起の良いもの、効率的なもの、不便なもの、エクセル、テプラ、ファイリング、家計簿、昔から継続して愛されているもの、美しい文字、味のある文字、マメな男、楽天的な男、アメリカン、赤城もち豚、酒、大川の干物、魚平の刺身、手書きの手紙、その人の癖のついた万年筆、針を使わないホチキス、掃除機、職人さんがつくったもの、カリッとしたもの、シャキシャキしたもの、ふんわりとしたもの、濃厚なチョコレートケーキ、屈託のない笑顔、傷だらけのカメラ、人を傷つけない言葉

最新コメント
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ