2008年12月22日

「M−1」2008年

 今年も「M−1」の季節となりました。

 ダイアンは、サンタは知らないのにトナカイの話になって妙に詳しく説明し出し、最後に「(トナカイはサンタを)引け……る・で・しょう!」のところと、段々革ジャンが貰えるんじゃないかと確信し興奮し出すところがツボりました。

 笑い飯は、M−1特有の現象なのですが、舞い上がりぎみというか空回りの気がしました。オリがつけた得点では、今年のM−1では残念ながら、U字工事と並んで一番辛い点数でした。

 モンスターエンジンは、「昼食だ、食らえ」とバズーカを撃つ序盤や、エイリアンがバリバリと身体をやぶるあたりがツボで、笑わせてもらいました。






 ナイツは、今までに観た奴かな? と思いきや、ポニョのあたりは自分は初見で、十分楽しめました。オリ的には一番高い得点をつけました。

 U字工事は、茨城は落とすが埼玉は持ち上げるあたりや、妹が写真つきの情報を毎年正月に送ってくる、というあたりが面白かったです。しかし視聴時に書いたメモによれば、笑い飯と同じ得点にとどまっており、オリ的には点数は辛かったようです。

 ザ・パンチは、序盤緊張のせいか2人の会話のやり取りがスムーズでないと感じました。「怒られてるときはギター置けよ」は良かったです。点数はナイツにつぐ得点がメモしてあり、決して悪かったわけではありません。

 NON STYLE は、個人的にはあまり馴染みがなかったせいか、序盤ウゼーと思いましたが(笑)、スティックのりのくだりや防水ケータイを「自慢?」といぶかるあたりが良かったです。後半の畳みかけが上手いと思いました。

 キングコングは、去年と同じで興奮して浮き足立っているように見えましたが、実は単に彼らの演技なのかもと思うようになりました(あまり成功しているとも思えませんが)。内容的にはこなれていて去年よりも面白かったです。

 オードリーは、敗者復活戦のネタを部分的に順番を入れ替えたものだったのですが、敗者復活戦のときの方が落ち着いていて客席とのキャッチボールもできており10倍良かったです。スタジオではM−1特有の緊張と気負いだとは思いますが、一方的にガナり通していた感がありました。

 総じて、上位は例年にひけを取らない出来で、下位に沈んだ組も箸にも棒にもかからないものはなく、ボトムアップが図られ、レベルの高いM−1だったと思います。

 決勝ですが、オリ的にもナイツとオードリーは堅いと感じましたが、もう一組はザ・パンチかキングコングと思ったので、NON STYLE は意外でした。

 決勝のナイツは、視聴時のメモによれば「安定している。同じスタイルでこれだけの質のネタがまだこれだけあれば、あっぱれ、文句なし」とベタ誉めですw

 NON STYLE は、メモによれば「ところどころに良い場面あり、全体的には平凡。現場とテレビの前に温度差あり」とあります。テレビの前とはなんのことはない自分一人のことであり、多分に私見とも言えますが……。

 オードリーは、メモによれば「準備不足? 敗者復活枠で条件的に不利か。ネタがほかになかったか。勢いだけで通そうとしている」など散々です(一言言わせてもらえば、敗者復活戦のオードリーはオリ的にも文句なしでしたので、そこら辺はお間違いないように。カミソリが来ちゃイカンので……^^;)。

 結果は皆さんご存知の通り、NON STYLE 圧勝、ナイツ一票も入らずでしたので、甚だ自分の感性の乏しさにただ今凹んでいるところです……^^

 審査員は皆テレビでお馴染のプロの方々ですが、講評の端々に“技術”や“練習”の語句が出てきたのは気になったところです。オリはシロートなのでその辺は判らず、ただただ「どれだけ笑えたか?」が判定基準となります。芸事はなんでも「苦労が見えたらダメ」とも言いますがね。まあ、彼らにしてみれば出場者は皆わが子のように可愛いでしょうから、見える苦労に評価点が高くなるのはやむなしでしょうか。あとナイツは、「面白いが、これは漫才ではない」との判断が下されてしまった面もあったかな、とあとから思いました。

P.S. 今年はスカパー!で敗者復活戦58組の方も5時間かけて視聴させてもらったのですが、オサーンなので、いま現在この国で活躍中の芸人の顔をすべては覚えられません。

 観ていて良いと思った組は内容を走り書きしてあり(顔と名前が一致する組は名前で書いてあります。もちろんオードリーの名もあります)、全部で14組がオリの中で好印象だったのですが、今ここで名前の分かる組だけ発表すると不公平になるのでやめておきますが、来年からはネタ中ずっと名前のテロップを出しておいてもらえれば(エンタの神様方式)、「お、こいつらいいな。名前は?」というときにスムーズにメモできるのでいいと思うのです。スカイ・Aの担当者の皆様方、もし読んでいてくださいましたらご検討お願いします。

 全体的に、世間に顔が十二分に知れ渡っていないレベルの組は、4分間をなりきりキャラで通すよりは、二人の与太話の体裁を取る(ときどき素になる瞬間がある)方が、いい感触のときが多かった気がします。見知らぬ人のなりきり芸は、ともすると置いてけぼりを食った気分になるときがあり、寂しいものがあります^^

 あと、(決めつけたくはありませんが)自分たちが客席の反応から敗者復活はなし遂げられないとの判断からか、最後を投げやりに終わらせている(ように見える)組があったような気がしました(M−1に対する何らかのメッセージなのかもしれませんが)。お辞儀もそこそこに取って返したように急いではけていくのは、潔しとしないと感じました。オリの思い過ごしであればいいのですが。



zuvuya_digital_wave at 23:04│Comments(2)TrackBack(4)バラエティ 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. M-1グランプリ 2008  [ 掃き溜め日記-てれびな日々- ]   2008年12月24日 00:41
オートバックス M-1グランプリ 2008 今年は、史上最多!4489組の頂点に立つのは司会:今田耕司・上戸彩 1・ダイアン 2・笑い飯 3・モンスターエンジン 4・ナイツ 5・U字工事 6・ザ・パンチ 7・NON STYLE 8・
2. M-1グランプリ2008(第8回)  [ メガネ男子は別腹☆ ]   2008年12月24日 22:15
今年は初出場が多いな。しかもレッドカーペットで知った『ナイツ』(ヤホーで調べる人w)とか『ザ・パンチ』(土に還って??の人)とか。 更に敗者復活が『オードリー』ってw
3. [M??1]本命不在とは強い奴がいないということか?  [ BBRの雑記帳 ]   2008年12月24日 23:46
アッという間に今年も終わりかけ、というと巡ってくるのがM-1決勝。一応準決勝の結
4. M-1グランプリ2008「NON STYLE」が優勝  [ BIGLOBE平主任ブログ ]   2008年12月31日 00:22
平STYLE。 石塚です。

この記事へのコメント

1. Posted by 子猫顔(゚ω゚)   2008年12月24日 23:06
お笑い系☆まだまだ続く(゚ω゚)
ちかち☆こじまさん(゚ω゚三゚ω゚)キュ
2. Posted by HOSHI   2008年12月25日 22:25
どうされました……^^
こじまさんとわ……??

コメントする

名前
URL
 
  絵文字