2009年02月20日

「R−1」2009年

 遅くなりましたが、 皆さんは今年の「R−1」はご覧になりましたか?

 夙川アトムは、ちょっとあがってましたね。内容的には、敗者復活戦のときの浦島太郎と基本的に似通っているので、そこは辛いところでした。先方の電話にいらついて面白くもなさそうにフリップを放り投げるシーンが良かったです。

 岸学は、過去に見たことがあった内容かもしれませんが、面白かったです。正直言うと敗者復活のときはいつもより全然面白くないと思ったので、決勝ではいつもの通り笑わせてくれて良かったです。COWCOW山田與志と迷ったのですがオリの中では3位をあげましょう。自分自身気がついてなかったのですが、オリ岸学好きなのかなぁ〜。






 バカリズムは、毎回別のことをやるので、引き出しが多いですね。例えば、ほかの人は自分が(そのネタを)面白いと思う信念からやっているのだとすれば、彼は内容が客観視でき、水準を越えたと判断したものだけやっている気がします。そこが凄いと思います。オリとしては2位をあげました。

 エハラマサヒロは、「チューリップ2009」は大爆笑でした。

 サイクロンZは、人が変わったかのように普通の人になっちゃったのが残念でした。あと、後半ネタのフレーズの一つひとつが短めだったのも残念。全体的にオチが何重にもなっていて凄いのに、考えオチで難しめなのも、ファンとしては残念だったかな。

 鳥居みゆきは、なんともほかの人とセンスが違うのが持ち味でしたね。

 鬼頭真也は、いかにも人柄が堅い感じでしたね。今回、彼を推すと気取ってると思われそうですが、オリとしては1位をつけました。「坊主がロケットランチャーを撃ちます」最高でした^^

 COWCOW山田與志は、しりとり歌に入る前の序盤の雰囲気の方が好きですね。蒲田行進曲のくだりはあんまり好きじゃない。マチャアキは絶賛でしたけどね^^

 あべこうじは、今年もウザかったですが(笑)、内容的には去年より全然良かったです!

 中山功太は、ネタの落差はあったのですが、笑えるのは凄く笑えました。

 結果の方は、バカリズムが3位、エハラマサユキが2位、中山功太が優勝ということで、推してる人が一人だけ、しかも3位がやっと。去年イチオシだった土肥ポン太は敗者復活戦にもいなかったし……。もう個人のセンスで説明のつかないぐらい大きな笑いの潮流の変化がですね……いやいや、いつも何名か挙げても、結局3分の1ぐらいしかオリとテレビの審査結果って一致してない気がする……。もともとオリのセンスがその程度の一致率なんです^^



zuvuya_digital_wave at 23:07│Comments(0)TrackBack(1)バラエティ 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. R−1ぐらんぷり2009 中山功太さんが優勝  [ つらつら日暮らし ]   2009年02月22日 00:56
R−1ぐらんぷり2009、中山功太さんが優勝。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字