2009年03月21日

相棒Season7最終回SP――及川光博登場!

 というわけで観ました、相棒Season7 最終回SP。

「特命係の実態調査を行ってもらう。期間は……そうだな、半年もあればいいだろう」

 取りあえず神戸尊そしてミッチーに与えられた猶予は、Season8 とSeason9 の2クール分でしょうか?^^ その間の及川光博の評判が良ければ、ストーリー上のもろもろ(調査に来たのに残るの?)は適当に処理して(笑)、続投決定! もし悪ければ……「特命係は潰すには惜しい存在です」との調査結果を残して去っていく。それ以降の“相棒”は、或いははぐれ刑事方式に移行かも……。寺脇さんは「相棒」をビッグネームに押し上げた功労者として、劇中で亀山の名前を皆が思い出すシーンはあっても、復帰は……飽くまでオリの憶測ですが、ミッチーが降板してもそれはない、とは感じています。






 今回のSeason7 最終回SPは、最終回ではありますが、もしDVDになったとき“神戸尊編”としてまとめ上げるなら、その冒頭に第0話として収めることも可能なほど、第1話の体裁を取っていたと感じました。右京さんは彼の基本に忠実なキャラとして描かれていたと思えるし、「細かいことが気になる質なんです」というお決まりのセリフもちゃんと入っていましたしね。

 内容的には、古畑任三郎(松村達雄の回)+TRICK っぽかったですね。特に古畑の松村達雄の回とは、ことの成行きは違ったけどテイストは似通っていると感じました。オリとしてはこういう雰囲気は大好きなんですけど、TRICK 臭は濃くなりすぎると、相棒としてはそれはちょっと違うかな、とは思いました。

 神戸のあの、エンジンをスタートさせると常に不穏なエキゾーストをたたえる私物とおぼしき捜査車両はなんなんだ。一応4座の乗用車の体をなしてはいるが、NSXなみの車両本体価格の車を警官が公務で乗り回すんじゃないw フロントガラス越しにミッチーが運転するシーンのとき、ボンネットのダクトが一々映ってタダモノじゃない感を醸し出していたぞ^^ あろうことか途中ちょっとこの車のP.Vっぽくなっていたし(笑)。細い山道のカーブにノーズを入れるとき、「ウィィィ〜ン」って唸って滑らすようにターンしていたが(あそこで切り返すんじゃダサいもんね^^)、カッチョ良すぎる。あれをオリがやるとどっかにぶつける(爆)。

 警察庁警備局警備企画課・課長補佐(階級・警視)という役職らしいから給料もいいんだろうけど、一応は警部補に降格させられ右京さんの前に現れたのだから、少しはシュンとしていてくれないと。あれじゃあ完全に勝気なエリートのまんまじゃないか^^;

 内容の話に戻りますが、物語の一番のハイライトのはずの、右京さんと源一(前田吟)の電話対決のシーンが、イマイチ乗れなかったというか、口当たりがいいだけの臭いセリフが上滑りというか鼻白んだというか……。「心を人質に!」とかカリ城の銭形じゃないんだから。かつての大映ドラマなみのセリフの応酬に辟易。それに、諭して促して終わりじゃ……。上手く言えませんが、自分自身、割とパズルのような推理物を好むタチなので、今回の話は事件物ではあったが推理物ではなかったような気もします。

 終盤30分でもう一つの事件が起こるわけですが、その辺りでトイレに行っちゃったもんですからよくストーリーが理解できず、直弓(宮本真希)が毅一(やべきょうすけ)を死に追いやったのが、彼女もまた彼に保険金をかけていて、福助(伊嵜充則)を助けるつもりだったのかな、と早合点してしまいました。直弓は明らかに福助に想いを寄せていると思えましたからね。

 このエピソードは、ストーリー全体にあんまり上手く噛み合っているとも思えなかったのですが、彼女の犯した罪を冷酷に見抜き神戸に語って見せたことによって、右京さんはいかなることがあれ、針の先ほどの犯罪であっても、お目こぼしすることはないという性質を、神戸に印象づけたのだと、オリなりに解釈しました。

P.S. 直弓役の宮本真希クン(の特におっぱい)が、某巨大掲示板で話題になっていたようです。オリとしては一瞬かたせ梨乃さんの娘さんかと思いましたよ^^ ちょっと似てませんか? おっぱいはねぇ、セーター着てたせいかもしれないけど鳩胸に見えまして……。鳩胸はちょっと苦手です^^


追記:「神戸尊そしてミッチーに与えられた猶予は、Season8 とSeason9 の2クール分でしょうか?^^」とあるのは、どう考えても「与えられた猶予は、Season8 の半年間でしょうか?^^」の間違いです。当時より「相棒」は1シーズン半年であったのに、ましてやこのときも前年より半年間「相棒」を観続けていたのに、何をどう間違ったのか。ボ〜ッとしていたというよりほかありません。



zuvuya_digital_wave at 17:09│Comments(2)TrackBack(3)ドラマ 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. テレビ朝日「相棒 Season 7」第19話(最終回2時間スペシャル):特命  [ 伊達でございます! ]   2009年03月23日 00:02
新たな“相棒”の登場を、「相棒」ファンの方々は、どのようにご覧になられたのでしょう? 僕は好感をもって見ました。神戸の右京を見る目線が、自分と同じだったからです。
2. 「相棒season7」最終回スペシャル  [ 日々“是”精進! ]   2009年03月23日 07:08
 最終話「特命」東京郊外の村から特命係あてに1通の手紙が届いた。手紙を読んだ右京は村を訪れ、手紙と一緒に送られてきた1枚の絵を基に捜査を始める。絵には山小屋で血を流して死んでいる女性、貞子が描かれ、貞子の夫の源一と血が滴り落ちるナイフを持つ源一の弟、晋...
3. 相棒 最終回SP「特命」  [ ぷち丸くんの日常日記 ]   2009年03月23日 09:15
特命係に届いた手紙を読んだ右京(水谷豊)は、東京郊外の村へと向かう。 手紙には一枚の絵が添えられていた。 描かれているのは、山小屋で首筋から血を流している女性・貞子(大塚良重) と、それをうなだれて見ている貞子の夫・源一(前田吟)、血が滴るナイフを 持っ...

この記事へのコメント

1. Posted by BROOK   2009年03月24日 12:54
こんにちは。
コメント&TB、ありがとうございました。

今回から新たな相棒としてミッチーが加わりましたが、
右京との掛け合いが新鮮で面白く感じました♪
薫に会ってみたいと行っていたのは、やはりゲストとして登場させるのを匂わせているのでしょうか?

GT−Rは、ちょっと不釣合い?
でも、ミッチーの役らしく面白かったです。
2. Posted by HOSHI   2009年03月25日 22:19
こんばんは。コメントありがとうございます。
ミッチーどんな感じに相棒キャラとして育っていくのか楽しみですね。

亀山ですが、ミッチーの最終回になるか相棒の最終回になるか分かりませんが、最後にド〜ンとゲストで目立つとかがいいな。
海外から一時帰国した亀山夫妻の泊まるホテルで殺人事件が……。なんなら美和子が殺されちゃうとか(え、ファンからひんしゅく?)
「右京さん、オレどうしても美和子の仇が打ちたいんです」
「しかし亀山クン、君はもう警官ではなく一般市民なんですよ」
しかし右京さんと捜査を共にする亀山。
ハリーポッターの作者の「最後はもう書いて金庫にしまってあります」と同じように、このストーリー温めといてほしいな〜(笑)。
なんなら亀山も最後に撃たれて死んじゃうとか……う〜ん、ファンに怒られそうです^^

GT−R文句ばっか書いちゃいましたが、どうも自分は最高に機嫌がいいと文句ばっか言っちゃうタイプのようです^^

コメントする

名前
URL
 
  絵文字