早稲田大学逗葉稲門会ブログ

ようこそ。早稲田大学逗葉稲門会のブログへ。神奈川県逗子市・葉山町の早稲田大学OBによる親睦会「逗葉稲門会」(ずようとうもんかい)のブログです。
逗葉稲門会についてはこちらをご覧ください。

郷土料理を味わう会

2022年7月29日(金)27回目の「郷土料理を味わう会」が大磯漁港の畔にある「めしや大磯港」で行われました。直前にコロナ等により4名のキャンセルがあり、総勢11名です。 大磯駅に集合後、西行法師ゆかりの鴫立庵、曽我兄弟ゆかりの延台寺、アオバト飛来地の照ケ崎海岸などに寄って、炎天下、沢山の汗をかいて会場に到着です。港にはたくさんの漁船が係留していました。ここは大磯漁協直営の店で、朝、港に揚がった新鮮な魚を使った魚料理店です。まず刺身の船盛りです。大きな真鯛と大きな鯵の姿造り、スズキ、イカ、タチウオの炙りなど(写真なし)。そのあと大きなカマスの塩焼き、鯵フライ、煮魚、小むつのカラアゲなど盛り沢山でした。 当大磯は私(山本)が小学校時代過ごした土地で、同級生だった前大磯漁業協同組合組合長の加藤孝君(集合写真で前にいる方)が飛び入りで参加し、漁や魚の話をして頂きました。 IMG_0427IMG_0428IMG_0433IMG_0434IMG_0435IMG_0438IMG_0440IMG_0447

旅たびクラブ-下呂温泉ツァー

7月10-11日、4名で下呂温泉2日間のバスツアーに参加した。
「ワクチン検査パッケージ適用ツアー」と銘打っての中々厳しい規制でのツアーであった。例えばバスの中では相席なし、私語禁止、飲食禁止という規制のため、外の景色を楽しむ又はひたすら寝るという選択しかなかった。
午前8時に横浜出発、恵那峡、竜神の滝、付知峡の滝壺見学、下呂温泉で宿泊。2日目は厳立峡、高山陣屋をはじめ飛騨高山の町並み見学など。自然の中に身を置く2日間で楽しい旅行だった。
IMG_040420220710恵那峡-1 (4)IMG_0400IMG_0418IMG_0410IMG_0397IMG_039620220711-2高山陣屋IMG_0422

2022年度(令和4年)総会

逗葉稲門会の2022年度(令和4年)総会が6月11日、新宿会館で約50人が出席して行われました。コロナ禍により、20、21年度は書面による総会で、対面総会は3年ぶりでした。
懐かしい方々が午後2時すぎから集まり始め、午後3時に開会。まず、この間の物故者に黙とうを捧げた後、山本陽張会長が「長い2年間だつた。今年は秋にジャズコンサートを開催するので皆さまのご協力をお願いしたい」と挨拶しました。
新旧事業報告、新旧予算審議と順調に議事が進み、久しぶりの対面総会のためか会場からは建設的で活発な意見も出されました。
その後、功労者への記念品贈呈が行われました。功労者は、古 賀 順 子( 昭 3 4文 )、 西 村 泰 治 ( 昭 34理  工 )、 橋 本 宥 司 ( 昭 34 理 工 )、 大 塚 陽 久 ( 昭 35 商 )、 庄 司 和 義 ( 昭 35 政  経 ) 田 中 英 雄 ( 昭 35 商 )、 中 山 昴 ( 昭 35 教)の7人の各氏。当日は写真の4人が出席し、山本会長から、長年の貢献に感謝を込めて、記念品が手渡されました。
最後は、やはり校歌斉唱です。まだコロナに注意しなければならないため、会議室の窓を全開し、全員がマスクをしての静かな歌声でしたが、やはり、そこは稲門会、歌が進むにつれ、熱のこもった力強い合唱となりました。T_総会集合写真
1、3年ぶりに開いた総会。逗子市新宿会館で3年ぶりに開いた総会。逗子市新宿会館で
2、多数の会員が集まりました
多数の会員が集まりました
3、挨拶する山本会長挨拶する山本会長
4、会計報告をする田中幹事と議長ら会計報告する田中副事務局長と議長ら
マスクをつけ、窓も全部閉めて静かに校歌を熱唱。マスクをつけ、窓も全部閉めて静かに校歌を熱唱
功労者功労者として記念品を贈呈された(左から)田中さん、大塚さん、(山本会長)、西村さん、古賀さん
ワセダミュージックフェスティバル
  • ライブドアブログ