名古屋市議会臨時会は21日、本会議を再開し、市民税減税の恒久化、議員報酬半減の2条例案と、新たに8地区で地域委員会をモデル実施するための補正予算案の3議案を賛成少数で否決した。可決を目指した河村たかし市長と議会側の対立は一層深まりそうだ。

【関連写真】アムロのコスプレをして、各国のコスプレーヤーと記念写真に納まる河村市長

 本会議に先立ち、河村市長は「議会は市民の殿堂ではなくなってしまった」と議会のあり方を批判。「まだ決着はつかん。戦いは続く」と3議案の再々提出に含みを持たせた。

 議会側は2月定例会で、減税を「1年限り」とする修正条例案を可決したほか、議員報酬と定数を半減する条例案を否決、地域委員会のモデル実施を増やす予算も削減した。河村市長は3議案を「主権在民3部作」と位置づけ、臨時会を招集して再提出。しかし、議会側は「減税の恒久財源が示されていない」などとして、20日の委員会でいずれも否決していた。

 本会議ではこのほか、情報紙に掲載された議員報酬などに関する河村市長のインタビュー記事や過去の会合での発言をめぐる答弁について、市長から訂正の申し出があり、議長から報告が行われた。【高橋恵子】

【関連ニュース】
【関連記事】河村市長の応援団長 「腹が立った」と議会を批判する菅原文太さん
【関連写真】市営バスで初登庁したのは去年の今ごろでした
【関連記事】議会対立「究極の情報公開を」 河村市長に聞いた一問一答
【背景を詳しく解説】追跡2010:名古屋市長・議会対立、見えぬ出口 臨時会でより鮮明に

欧州便4日ぶり運航、ミラノ行き成田を離陸(読売新聞)
沖縄知事、県内移設反対集会に出席=20日表明-普天間(時事通信)
<虐待>5カ月の長女を壁にぶつける 母親逮捕 愛知・常滑(毎日新聞)
被爆マリア像 欧米の巡回展示へ…長崎を出発(毎日新聞)
警察庁長官、北九州市訪れ「工藤会壊滅」指示(読売新聞)