日本列島は24日午前、日本海上で発達中の低気圧と前線の影響で、四国から近畿にかけて大雨となった。未明から局地的に激しい雨が降り、兵庫県内では神戸市北区で土砂崩れがあったほか、電車の運行中止や高速道路の通行止めが相次ぐなど、交通にも大きな影響が出た。

 大阪管区気象台によると、1時間の降雨量は兵庫県福崎町で41・5ミリ、同県姫路市で35・5ミリなど、各地で5月の観測記録を更新した。24日午後6時までの24時間に予想される雨量は、近畿南部で350ミリ、近畿中部で300ミリ。

 大雨警報に伴い、大阪府北部の小中学校では休校が相次いだ。府教委によると、池田、豊中両市と豊能、能勢両町の計77校が臨時休校となった。また京都府内でも亀岡市などで計83校が休校となった。

子ども手当、修正含め検討=一部現物支給も-長妻厚労相(時事通信)
<殺人>入店直後に刺す? 大阪パチンコ店の男性客刺殺(毎日新聞)
<橋下知事>パーティー券を府受注業者あっせん…後援会開催(毎日新聞)
<水俣病>第三者委員会座長に元水俣市長の吉井氏(毎日新聞)
<梅>偕楽園の3000本が満開 水戸