lgf01a201303151000


224: 名無しさん@おーぷん 2015/02/24(火)21:40:58 ID:v1m
母親に対する怒りの感情が根深くて困っています
幼少期から母親の愚痴捨て場所、「気楽でのんきな末っ子」役をずっとこなしていました





224: 名無しさん@おーぷん 2015/02/24(火)21:40:58 ID:v1m
成人して私自身が大きな悩みを抱えた時、母親に「今とても悩んでいて苦しい」と感情を吐露した際
「そんな話しないでよ」「私そういうのわかんないから」と言われ、私が感情を爆発させてしまい
「わからないならわかるために、私の話を聞いてくれ」と泣いたら
「だってわからないから」と席を立たれてしまいました
気楽で前向き、共感的な発言を常とする末っ子の、いきなりの感情の激発に対応できなかったというのは
無理もない当たり前のことだと、普段は納得できています
しかし、ときどきふとしたことで「あの時なんでわからないって席を立ったの」「私はお母さんの話をずっと聞いてきたのに」
と鮮烈な怒りが湧いてきてしまいます
たかがそれだけのことで、もう10年も経過した出来事なのに生々しい怒りの感情で、自分でも困惑しています
母親と向き合うことが必要なのかとも思いますが、10年前より老いてくたびれた母親を見ているとそれは酷だろうと思われます
また、結局向き合おうとしても母親はまた席を立つのだろうという徒労感もあり、
正直向き合う気力が私自身持てないでいます
こういう怒りを、どうにか都合をつけていけるようになれないでしょうか
楽になりたいです

225: 名無しさん@おーぷん 2015/02/24(火)23:58:43 ID:uWp
>>224
至極簡単な方法としては自分の母はこういう人なんだなぁと自分で思うこと
それによって単純だけど流せると思う

でも一つだけ第三者として感じるのはあなたが母の愚痴を聞いて「あげてた」と感じてる部分
どんな相手でも見返りを求めて付き合うと、それに反した行動をされると嫌になる
なのであなたの母に対して「○○してあげた」ではなく、単に「○○した」と考えるだけで気持ちも軽くなるんじゃないかな?
言葉遊びかもしれないけど重要だと思います

226: 名無しさん@おーぷん 2015/02/25(水)00:15:54 ID:8Er
>>224
あなたのほうが母より大人になってしまったんだね。
思いきって家を出て、母親と距離を取るってのも、実際やるってなると色々難しいしねえ。

もう母親はいないと思って、他人として扱ってみるとか。
私は姉がちょっと幼稚な人で、苦しんだ時期があったんだけど、「こいつは私より幼い、これ以上は成長もしない大きな子供だ」と気づいたらだいぶ楽になった。今でもムッとする時あるけど。

でも兄弟や姉妹と、親子じゃ比較にはならないかな。
答えになってなくてゴメン。

242: 224 2015/02/25(水)12:31:56 ID:lse
>>225
「流す」という言葉にはっとしました
私は怒りも母親の愚痴も飲み込もうとしていたように思います
母に対して「○○してあげていた」という気持ちは確かにあります、良くない感情なのでうまく変換していきたいです
ありがとうございました

>>226
実は結婚して、現在実家から離れています
物理的に離れたことで連絡手段が電話のみとなり、また他家に嫁いだことで母親が遠慮してくれるようになったので
実家住まいだったころよりずいぶん楽に過ごすことができています
それでも折節の電話や帰省の際に、怒りのスイッチが入って苦しい心地になります
「母より大人になってしまった」という言葉を何度も読み返しました、今まで自分の中にない視点でした
近い経験からのお話、ありがとうございました


1001: 以下、ずうずうしい話の関連・おすすめ記事をお送りします 2099/11/11(日)