funinntiryou

17: 本当にあった@ずうずうしい話 2014/07/24(木)15:04:17 ID:xzNa3E21q
1回目の結婚の時の修羅場。
25歳で結婚。同い年の相手。
結婚後も夫婦共に正社員で働いていた。
27の時に子供ができなくて不妊治療開始。





17: 本当にあった@ずうずうしい話 2014/07/24(木)15:04:17 ID:xzNa3E21q
原因は夫側にあったが、不妊治療はハッキリいって女側の負担が半端ない。
割と早い段階から顕微授精を受けていて
仕事との両立はきつかったけど費用ねん出のためには辞められなかった。

幸い私の職場は不妊治療に理解があり他にも治療中の人が数人いた。
顕微授精は3ヶ月に1度受けていたが
片道車で一時間の専門病院へ仕事が終わってからお尻に注射を打つためだけに通い、
採卵手術の時と受精卵を戻すときには有休を取っていた。

夫は自分に原因があることは頼むから黙っててくれと願い、かと言って原因がないのに私が原因ですと言うのもなんだし、夫両親には双方に特に原因は見つからなかったが相性が悪いのかもしれない、ということにしておいた。

が、夫両親は子供が出来ないのは女に原因があると信じて疑わない人たちで
息子は嫁を思いやって"そういう事"にしてると思っていた。
なのでよく義母からはチクチクと嫌味を言われてきた。

18: 本当にあった@ずうずうしい話 2014/07/24(木)15:05:19 ID:xzNa3E21q
5年ぐらい経った頃、
夫が気分転換に平日に休んでハワイにでも行こうと言いだした。
旅行はいいけど、連休にしようよと返事した。
もう有休がそんなに残ってなし、治療で結構休んでるから、いくら理解があるとは言え旅行では休み難いし。

そしたら連休は子供だらけで俺辛いし、と乙女のような事を言う。
でもここで有休使うと治療を1回パスしなきゃいけないしどうしようかなぁと迷っていたら
俺がどれだけストレス溜まってるかお前は全然分かってないのか!
とキレられた。

いやいや、こちとら治療と仕事を両立させて、さらに家事だって8割私でしょうが。
あんたは有休たっぷり残ってるかも知れないが、私はギリギリで調整してるんだよ。

私のストレスを考えてくれたことはあるのかと問うたら
更にブチ切れて独身の友達と二人で出掛けて行った。

旅行先でその友達に諭されたらしく
帰宅後謝ってきたので一応は許したがこの頃から不妊治療を終わらせる方向へ気持ちが傾いてきた。


子供は欲しい。すごく欲しい。
でもいつまでもないものねだりしてても仕方がないんじゃないか。
このまま治療を続けても絶対授かる保障もないし、年齢的にもどんどん厳しくなっていく。

子供がいないなら、いない老後について備えて行かなきゃいけないし。
そんな不安や葛藤と夫に訴えると
子供がいないと職場でいつまでも半人前に見られて俺辛いし、と言われここでもやっぱり自分のことしか考えていない夫に心底ガッカリした。
だったらあと何年って区切りを決めようと提案した。

そして、正社員で治療を続けるのは心身ともに辛いのでパートに切り替えたいんだけどと言った。
それに対する夫の言葉は「え?今後俺だけ働いてお前を養っていくの?」と。
その言葉を聞いて嘘みたいにサクッと離婚の意思が固まった。

19: 本当にあった@ずうずうしい話 2014/07/24(木)15:05:40 ID:xzNa3E21q
それまでも考えないわけじゃなかったけど
縁あって夫婦になったのだから、ギャンブルやるわけでも浮気するわけでも借金するわけでもないんだから、
子供ができれば変わるかもしれないし、そう自分に言い聞かせながらやってきたけど、もう無理。

翌日離婚届を貰ってきて夫に突き付けた。
それから正式に離婚するまで一年近くかかった。

夫は離婚だけは絶対嫌だと言った。
子供は諦める、でも離婚はナシと。



理由は簡単だった。
子供の事は私のせいにしておけば対面は保たれるが離婚は恥ずかしいという事らしい。
調停では治療の原因も含めて全て話した。

夫が私のせいにしていることもその為に義両親から責められていることも
それについて何のフォローもしてくれないことも。
調停委員さんも夫を説得してくれたけど応じてもらえず不調に終わったが裁判になるかと思いきや直前に離婚に応じてくれた。

たぶん義父が説得したんだと思う。詳しいことは分からないけど。
その一年は本当に修羅場だった。
離婚することがこんなに大変だとは思わなかった。
おかげで不妊治療で5キロぐらい太った身体が元に戻ったw

2回目の結婚は35の時にお見合いで。
相手もバツイチ子梨。
お互いもう年も年だしってことで最初から不妊治療して授かった娘も来年には中学生。
仕事は育休を取ったり双方の実家に頼りながらも続けている。
色々あったけど、いい会社に就職したのが一番幸せだったのかもと思う今日この頃。

彼の方はバツヨンだかバツゴだかになってる。
プチ修羅場だが、一昨年偶然元義母と再会したことがあった。
私のせいで息子の人生が狂ったみたいな恨み言を言われたわ。
私がもっとしっかり夫を支えていたら~とか
何言ってるのかちょっと分からなかった。

26: 本当にあった@ずうずうしい話 2014/07/24(木)18:35:58 ID:i8aKc7pyl
>>17
元旦那もその親も本当に自分のことしか考えてないねー
因果応報だわ
元義母の恨み言にはどう対処したの?
言い返してほしいけど、あんま刺激しないほうがいいか

29: 本当にあった@ずうずうしい話 2014/07/24(木)19:24:48 ID:JyrYJgGCE
>>19
自業自得や因果応報って言葉は知ってますか?って言ってやれw

不妊は誰のせいでもないが、それに付き合って、協力してくれる人なんて早々いないのにね。
それを蔑ろにするような人間に育ててしまったのは姑だし、その価値に気付けない人間は子供作る資格がない。

今は幸せで何よりだよ。

31: 本当にあった@ずうずうしい話 2014/07/24(木)20:29:27 ID:xzNa3E21q
のらりくらりと返事しておきました。
「あなたがもっとしっかり支えてれば」→「頑張ったんですけどねえ・・・」
「あなたのせいで息子の人生がふじこふじこ」→「まだまだ先は若いじゃないですか」
「最初の結婚で躓いたばかりに」→「いつでも立ち上がれますよ」
「もともとあなたとの結婚には反対だった」→「最初に反対して下さればよかったのに」
とか、覚えてるのはそんな感じ。
ちょっと嫌味っぽかったかも知れません。
せめて元夫が「一緒に治療がんばろう」って姿勢でいてくれたら
全然違ってたと思うんですよね。
俺辛い、お前察しろ、ってそれだけだったから。
腹水がたまって苦しくて横になってても「大丈夫?」の一言もなかったもの。



1001: 以下、ずうずうしい話の関連・おすすめ記事をお送りします 2099/11/11(日)

アクセスランキング