個人的な趣味全開のブログ

このブログは読書の達人は人生を楽しむ達人をテーマにやっております。コメント、トラックバック。さらにはリンク。お気軽にどんどんお願いします。あなたの読書生活のお役に立てれは幸いです。駄文ですみません。   

Emil Chronicle Online

源君物語12/稲葉みのり4

源君物語 12 (ヤングジャンプコミックス)源君物語 12 (ヤングジャンプコミックス)
著者:稲葉 みのり
集英社(2017-11-17)
販売元:Amazon.co.jp


  “箱入り女子高生"玉鬘るりに迫る影──。好色の野獣・黒髭の魔の手から、光海は彼女を守れるのか!? そして香子さんから告げられる11人目は──まさかの月子!?


  キャラに対する理解が深まると、その娘の良さも理解できてすごく可愛く見えてくるから不思議ですね。
  るりがすごく可愛い巻でした。初登場から可愛いと思っていましたよ。でも一度みただけではどんな娘かは分かりませんからね。内面を含めてすごく魅力的ですね。
  なんですけれどこの巻で彼女に関しては一区切りついていました。このまま退場してしまうのか?
  可愛い娘ばかり出てくる作品ではありますが。退場する娘もいるのがさびしく感じますね。
  一方で存在の重要度が増した娘や、再びクローズアップされた娘もいるんですよね。
  表紙の娘の月子さんが今度のターゲットです。表情が豊かで可愛かったですね。
  娘によってどこまで行くのかが違いますので。月子とはどこまで行くのでしょうか。それと出てきた人数的に終わりも近いのでしょうか。こちらも気になりますね。

よつ葉コーヒー飲みました

  2017.12.10に浜松で行われた「蔵泉院寄席」に行ってきました。今年最後のお出かけ&落語鑑賞なんですよね。今年も終わっちゃうんですね。
  年を取ると1年の感じ方も変わってくるんですね。自分の場合は少しずつ衰えを感じています。そして微妙に体の欠陥が気になってきます。今年はダントツで歯茎ですね。
  
  蔵泉院寄席は定期的に行われているのですが、自分にとっては初めて行く寄席なんです。
  行ってみると会場も駅から近いですし、料金も安いですし。いい寄席だと思いますね。欠点は周辺に楽しめるスポットがないことでしょうか。
  今回の蔵泉院寄席は、瀧川鯉昇師匠とゲストに三遊亭萬橘師匠の2人の会でした。
  それぞれ1席ずつという内容でした。2人ともがっつりとやってくれてよかったですね。
  最初は瀧川鯉昇師匠の「二番煎じ」で始まり、中入りをはさんで三遊亭萬橘師匠の「佐々木政談」という内容でした。ゲストがトリを取るというのが変わっていたかなぁ。
  二番煎じはこの時期の定番の噺ですね。佐々木政談は初めて聞きましたが。すごく面白かったです。面白いですし場も締まりますし、トリでやるのにとてもいい噺だと思うのですが。なんであまり高座に掛からないんだろう。

よつ葉
  さて本日飲むのは、こちらの「よつ葉コーヒー」です。缶コーヒーもいいですけど、紙パックのコーヒーもいいですよね。
  もちろん瓶のコーヒーも好きですし、ペットボトルのコーヒーも好き。コンビニコーヒーも自分で入れたコーヒーも、喫茶店のコーヒーも好きです。
  昔は眠れなくなるから避けていたのに、今では飲んでも普通に眠れますし、むしろ依存しつつありますね。お酒と同じ感覚かもしれないですね。
  前置きが長くなりましたが。こちらの商品を実際に飲んでみると・・・乳製品に分類されていますが。コーヒーの味もしっかりと感じられますね。コーヒー牛乳の中では苦みが強い部類だと思います。美味しいんですけどね。

僕の光輝く世界/山本弘3

僕の光輝く世界 (講談社文庫)僕の光輝く世界 (講談社文庫)
著者:山本 弘
講談社(2017-03-15)
販売元:Amazon.co.jp


  気弱なオタク男子、光輝は進学先の高校でもいじめられ、あげくに橋から突き落とされる。搬送先の病院で絶世の美少女と運命の出会いを遂げた、と思いきや、実は既に失明してしまっていた。美少女は果たして妄想なのか実在なのか…視覚を失った少年が、想像力を駆使して奇妙な謎と格闘する不思議ミステリー。


  この先生の作品って、ノリが独特だと思います。作中作が多く出てきますよね。なので世界観の独自性が増して感じられます。
  この作品は主人公の視力が失われます。しかしアントン症候群という、脳が視覚を補完する病を発症します。
  この病が不思議なものでして、主人公としては見えてはいるんですけれど、実際の物とのずれがあるんですよね。
  
  この病も関係しているのでしょうか。想像力が非常に高いのか、終盤はミステリー要素が増してくるのですが、主人公の推理力が非常に高いんですね。
  そしてラノベ寄りの作品にありがちなのですが、なんだかんだで女の子に縁があるんですね。
  最初から優しい姉がいますし。美少女との出会いもありますし。これは病の効果で美少女に見えているのですが。実際はどうなんでしょうね。
  
  アントン症候群は作品にプラスなのかそれともマイナスなのか。個人的には展開が自由になりすぎると思いました。思考的には少しチートが入ってると思うんですよ。

終末なにしてますか? もう一度だけ、会えますか?#05/枯野瑛4

終末なにしてますか? もう一度だけ、会えますか?#05 (角川スニーカー文庫)終末なにしてますか? もう一度だけ、会えますか?#05 (角川スニーカー文庫)
著者:枯野 瑛
KADOKAWA(2017-10-01)
販売元:Amazon.co.jp


  遺跡兵装モウルネンの真実を知るべく、護翼軍司令本部に忍び込んだ元四位武官フェオドール。彼の前に立ちはだかったのは、かつての妖精兵ノフト・カロ・オラシオンだった。昏倒して目覚めない堕鬼種(インプ)を前に、自分の存在がある限り、彼は永遠に救われないのだと知るラキシュ。「わかってるんでしょう?あなたがそばにいるだけで、あの子は死に近づいていく」別れを告げた妖精兵の思考を埋めるのは数多の言葉の断片―あの夜の記憶。

  好きな作家の作品というだけで、作品に対してプラス補正がかかって、より面白く感じるのでお得です。

  ストーリーが進んでいて、状況も変わっているのですが、消化しない要素を多く残したまま次巻へと続いていました。ラノベによくあるこの巻は上中下巻の上巻にあたるというヤツでしょうか。
  文章も美しく感じるのですが、キャラの行動にも自己犠牲を感じて美しく思えますし。テレビアニメと同じく、完全燃焼の末に幸せをつかんでくれるのでしょうか。
  内容は少しややこしくなっているでしょうか。何人もいるキャラが明確な意思を持っていて、それが絡まっているからでしょうけれど。
  本格的に読書が好きになった頃に、その作品に出会ってそのまま好きになった作家さんなので、深い思い入れがある作家さんです。やっぱり自分にあってますね。次巻も楽しみです。

ジャガー カレー食べました

  お通じがよくなる食材の代表格の一つが乳製品だと思うんですよ。牛乳とかはお通じがよくなるというよりは、効きすぎて腹が下るレベルだと思います。
  それと腐ったものを食べても、お腹を壊しますよね。つまり腐った乳製品こそが食べる下剤というべきものだと思います。
  というか賞味期限切れのヨーグルトを食べたらウンコが止まらないんですけど。
  賞味期限が近くなると安く売られるじゃないですか。それを買ったのですが。安くウンコできてよかったのかなぁ。

  フードコーディネーターってすごいですね。盛り付け次第でいくらでも美味しく見えるというね。
  自分のファッションもコーディネートしてもらったら、かなりかっこよくしてもらえそうです。
  そこは普通にファッションコーディネーターでいいと思いますけど。フードコーディネーターに頼むと、生卵とかトマトとかバシバシぶつけられて、黄色と赤に彩られる事になりそうです。
  丸亀製麺でかに玉あんかけうどんを食べました。美味しかったんですけど、CMで見たのと違う。フードコーディネーターってすごいなぁ。
  それはそうと丸亀製麺で食事をすると、大抵のメニューがネギ○○に変貌してしまうのは自分だけでしょうか。
  今回もネギかに玉あんかけうどんにしてしまい、かにの風味をネギで上書きしてしまった。入れ放題って素晴らしいんですけど、ほどほどにしないとな。そう思った。


JAGUARカレーJAGUARカレー
ノーブランド品
販売元:Amazon.co.jp

  さて本日食べるのは、こちらの「ジャガーカレー」です。以前から千葉のご当地有名人だったみたいですけれど、月曜から夜更かしをきっかけに一気に知名度が上がりましたね。自分も大好きです。
  厚い化粧をしてますけれど、かなりのご高齢なんですね。デーモン閣下系ですか。どちらも歌いますからね。
  そんなジャガーさんがなぜか、レトルトカレーになってるんですね。完全監修みたいですけれど。ジャガーさんっぽいカレーって、どんななんでしょうね。ごぼうとかココナッツミルクパウダー、グリーンカレーペーストが特徴みたいです。東南アジア系のカレーなんですか?
  実際に食べてみると・・・辛いですね。和の食材が入ったグリーンカレー。そんな感じだと思います。

聖女淫落 媚肉まみれの鋼鉄の処女/田中まさみ3

聖女淫落 媚肉まみれの鋼鉄の処女 (オシリス文庫)聖女淫落 媚肉まみれの鋼鉄の処女 (オシリス文庫)
著者:田中まさみ
KADOKAWA / エンターブレインDMG(2017-11-17)
販売元:Amazon.co.jp


  クリオ・コレットはノルベール修道騎士教会の敬虔な修道女。神の加護のもと各地の魔を祓い、民からも慕われていた。ある日、妹にように可愛がっていた後輩のフランカが、近郊の朽ち果てた塔で消息を絶ったことを知る。捜索に向かったクリオが対面したのはアナスタシアと名乗る黒き魔女。「わたくしに処女を捧げ、わたくしのものとなり、ともに世界を支配しましょう」強大な魔力に敗れ、囚われたクリオを襲う甘い拷問の数々。その果てに気高き修道女の目の前に現われたのは、内部が肉まみれの鋼鉄の処女だった──。何十もの腕に締められながら、何百もの舌と指が全身を這い回るような感覚。そのおぞましさの奥から生まれる快感の予兆に、聖女の肢体は震える……。


  キンドルって危険です。画面にタッチしただけで本が買えてしまうからです。
  こちらは衝動的に購入ボタンをタッチした結果、ダウンロードされました。衝動買いもデジタル化されてるんですね。まぁ何回もやってるんですけどね。

  さてこの作品は修道女が快楽落ち&闇落ちするまでを書いた話となっています。
  ファンタジーって便利ですよね。なんでもできますもんね。夢もありますし。現実の科学なんて足元にもおよばないですよ。
  この作品にも中身が無数の、小さい触手でできたアイアンメイデンが登場していました。タイトルにもなっているのに、メインへの繋ぎ役なんですね。
  そして最後には女性から闇の力○ンポが生えてましたし。ファンタジーってぶっ飛んでいる一面もあるんですよね。
  修道女の闇堕ちを書いたテンプレ的な作品だと思いますが、商品になっているものはあまりないタイプですので、そういう点では重宝なんですかね。クオリティーも低くないですし。挿絵がクオリティーが高かったらもっと良かったですね。

脱出ゲーム 都市伝説 実験病棟からの脱出

実験
  このブランドのゲームは出てくる女の子が可愛いイメージがありますね。このゲームもそうでした。
  女の子は可愛いのですが、それを上回る敵の気持ち悪さと不快感でした。まぁホラーなんてこんなものかもしれませんけれど。
  謎解きの方は相変わらず攻略ページに頼ることになりました。歳をとって頭が固くなっているのかなぁ。でもゲームブランドによっては、ノーヒントで解けることもありますし。相性でしょうかね。
  トゥルーエンドはいつものキーアイテムを集めると、条件が解放されるパターンでした。あの展開でハッピーエンドになっていたのが驚きでした。それと最初の海岸で拉致されるシーン。思わず北の国の人かな?と思ってしまったのは自分だけでしょうか。あとひなちゃんは何気に頭脳的にハイスペックだなぁ。
  

チチスポ飲みました

  地方の人も合わせると議員さんって大勢いるんですよね。中には知っている人と同姓同名の人もいるわけですよ。
  問題はその議員さんと同姓同名の人が、人間として問題ありな人だった場合です。
  その議員さんがいくら人間的に立派でも、こちらは自分が知っている方のイメージで見てしまいますから。え?あの人が街の運営に関わるの?と思ってしまうのです。こういうのも風評被害というんですかね。

  イングレス。休日にはほぼプレイしています。年末ですからね。これからプレイする機会が減るんだろうなぁ。レベル上げたいな。
  自分は田舎に住んでいます。自分が住んでいる所は、自分の陣営が優勢です。敵の色のフィールドはほぼないです。
  ですからウェポンが余ります。このウェポンを消費するために、車で30分くらいの大きなスーパーに行き、買い物ついでに周辺の敵陣営ポータルに攻撃。そんなことをやってきました。
  以前もやったことがあるので、事前にどこを攻撃しようか決めてから出かけたのですが、目的地に着いてビックリ。
   なんと事前の調査では敵がフィールドを作っていたはずなのに、そのフィールドがなくなっていました。
  これが自分がイングレスって、ノンプレイヤーキャラがいるんじゃないの?と思っている理由です。
  攻撃目標としているポータルが、数分しか経ってないにもかかわらず、状態が大きく変わっていることがあるんですよね。他のプレイヤーのせいではないと思うんですよ。田舎ですから。



チチスポ×24本チチスポ×24本
チチヤス
販売元:Amazon.co.jp

  さて本日飲むのは、こちらの「チチスポ」です。チチヤスから出ているスポーツ飲料です。スポーツ飲料って、エナジードリンクの効果が低くて、水分補給が目的になっているというイメージですね。
  メーカーがチチヤスなので、ヨーグルト風味です。メーカーの個性が出ていますね。
  実際に飲んでみると・・・ポカリにカルピスウォーターを混ぜたような味ですね。美味しいですね。
  そういえばアンバサホワイトウォーターというのがあったなぁ。あれに近い味だと思います。懐かしいなぁ。なんでなくなったんだろう。

女の子と密室からの脱出 柏木しずく4

しずく
  クリアしました。短かったですね。そして着替えて仕掛けが発動するとか、謎のギミックが盛り込まれていました。
  短いのですが、しっかりと頭を使えるのでも頭の体操にはなっていると思います。解ける謎を解くというのは、楽しい行為だと思います。解けない謎はイライラするんですよね。
  なついてくれる女の子が出てくるだけで、いい気分になるんですから、自分のオタク心はちょろいな。そう思った。

ローカルエナジー千葉飲みました

  ライブドアブログはブログがランキングになっています。カテゴリー別でいうと、このブログも100位に入っていたりします。
  1日のアクセス数が片手の指の数と同じくらいのこのブログが、100位にランクインするなんて、ブログってやばくない?
  オワコン化しているのかなぁ。サービスもどんどん終了してますし。こういうメッセージを発信するツールも多様化してますからね。

  初めてソシャゲに課金しました。イングレスのキーロッカーを買いました。通貨の単位が独特なので、ポチるまで何円なのか分からなかったのですが。5個で1200円でした。
  今までプレイされていただいたことを考えると安いと思いたいです。これで思い出ポータルキーと呼ばれるものが収納できますね。2度と行かないんでしょうけれど、ポータルキーは捨てられない。そんな思い出にすがる貧乏性な自分みたいな人にピッタリなのではないでしょうか。

  それとミリシタですが。課金しようかなと思ってしまうくらいに、新しいカードが出ないですね・・・。
  10連ガシャを引いて、全部ダブリました。個人的にミリシタあるあるの定番ネタだと思っています。
  今回はカメラマンが出てくる演出がなかった。それと考えてみると、10連でSR以上1枚確定って、物足りなくないですか?
  とりあえず新しいカードが欲しければ、イベントに参加して勝ち取れということでしょうか。また始まりましたね。
  少しは休ませて欲しいのですが。体勢を整えたいんですけどねぇ。営業努力の一環なんでしょうけれど。ずっとイベントがありますよね。

千葉
  さて本日飲むのは、こちらの「ローカルエナジー千葉」です。千葉といえば落花生なのですが。それは入ってないです。というか成分は他のエナジードリンクと変わらないんですね。これが静岡だったらお茶とか入れちゃうのかなぁ。
  実際に飲んでみると・・・えぐい味が強いと思います。エナジードリンクとしての味が前面に出ていますね。
  自分は飲み慣れていますので。効くんだろうなぁ。と思ってしまう味に感じますね。美味しく飲めました。
読書日記バナー
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
訪問者数

Profile
Categories
カウンター
Archives
Amazonライブリンク
楽天市場
メロ
アクセス解析
タグふれんず
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アフィリバナー
コメントはお気軽に
あしあと
GyaOデイリーランキング総合ベスト5
  • ライブドアブログ