個人的な趣味全開のブログ

このブログは読書の達人は人生を楽しむ達人をテーマにやっております。コメント、トラックバック。さらにはリンク。お気軽にどんどんお願いします。あなたの読書生活のお役に立てれは幸いです。駄文ですみません。   

Emil Chronicle Online

天使のスタートアップ/水沢あきと4

天使のスタートアップ (星海社FICTIONS)天使のスタートアップ (星海社FICTIONS)
著者:水沢 あきと
講談社(2017-06-16)
販売元:Amazon.co.jp







  「…このままだと、リミットは今月末だ」24歳のITベンチャー経営者林田泰典は破滅の淵にいた。会社の資金は底をつき、月末の倒産は避けられそうもない。そんな彼のもとを、ひとりの少女が訪ねる。「2000万円なら、すぐにご用意できます」不意に現れた少女投資家の登場によって息を吹き返したフェーズアップ社だったが、そこへ、ネット炎上・敵対的買収・提携先のお家騒動と次々に困難が襲いかかる。果たして彼らはこの小さな投資家の期待に応え、見事再建を果たすことができるのか…!?ビジネス小説の旗手が描く、本格創業エンタテインメント開幕!


  ビジネスのジャンルって堅いイメージがあるからか、著者のサイドが読みやすい作風を意識しているように感じます。とっつりやすいのに外れがない。穴場的なジャンルだと思っています。

  この作品は小学生のエンジェル投資家がヒロインという、ラノベの様な設定の作品でした。
  しかも知識が豊富なので、専門用語の説明も分かりやすく簡潔に。テンポよくストーリーが進んでいました。

  感想としては1巻なんだなと。結末のここからが始まり感がすごい。起承転結はしっかりとしてますし、終盤に大きな波乱もあってポイントは抑えられてはいるのですが、読後のもっと読みたいという感じだったり、話の長さの割には本の値段が高い。そんな思いだったり。いろいろと感じるものがありました。
  ビジネスの知識はつくのですが、この作品で扱っているのはビジネスの一面にすぎないので。ビジネスって1冊の本で語り尽くせるほど、浅いものではないですから。あくまでもストーリーを楽しむための作品なのかな。

道‐MEN 北海道を喰いに来た乙女/アサウラ4

道‐MEN 北海道を喰いに来た乙女 (ダッシュエックス文庫DIGITAL)道‐MEN 北海道を喰いに来た乙女 (ダッシュエックス文庫DIGITAL)
著者:アサウラ
集英社(2017-06-23)
販売元:Amazon.co.jp





  20××年、北海道は独立国家となり日本との断交政策を実施。そんなある時、日本の工作員と思しき少女・早乙女めろんが捕縛される。北海道特殊機密部隊『道MEN』が対応に当たることになったのだが、彼女は自分の目的は破壊工作でも情報操作でもなく、ただ北の美食を堪能するために来たと言い張るのだった。道MENを率いる斉藤幸之助はなし崩し的に彼女の喰い倒れの旅をエスコートすることになるのだが、その最中、道内に潜伏していた千葉県の工作員から謎の襲撃を受ける。そして無数の思惑が絡み合い、最強と謳われる群馬県の工作員までもが活動を開始する…。北海道メシ喰いまくりながらのアクション超大作、堂々始動!!


  北海道が日本から独立した世界が舞台の作品です。アサウラさんの作品ということで、グルメの要素が強く北海道の名産の数々が美味しそうに書かれています。
  なかには知らなかったものもあったので、アサウラ先生は食について実力を発揮するなぁ。そう思いました。

  千葉の人と群馬の人も出てきます。これを読んで千葉と群馬の人はどう思うのでしょうか。
  特に群馬はマンガでも扱われるほどにディスられているからなぁ。千葉もいろいろとね。夢の国とか。千葉と群馬はディスられ県のツートップかもしれないですね。
  なんというかその地方の名産を安直に使っている感じでした。ピーナッツバター火炎瓶とか、こんにゃくアーマーとか。
  このシリーズでは北海道民が能力に目覚めていて、ここも作品のポイントなんですよね。人によっては微妙な能力ですよね・・・。
  地方の特色が面白さへと昇華されていて、コメディ色が強い作品でした。続きは出るのでしょうか。

やがて君になる4/仲谷鳰5

やがて君になる(4) (電撃コミックスNEXT)やがて君になる(4) (電撃コミックスNEXT)
著者:仲谷 鳰
KADOKAWA(2017-06-26)
販売元:Amazon.co.jp







  七海燈子の念願である生徒会劇。
夏休みに入り、その練習合宿が行われる。
それぞれの思いを秘めながら合宿に臨む燈子、侑、沙弥香。
その一方で、燈子の追い求め続けた理想は、揺らぎ始めていた。
「侑は私のこと、好きにならないでね」


  1巻は探し回ってやっと手に入れたんですよ。この4巻は普通に買えました。つまりこの作品の世間的な地位が上がっているという事。嬉しいですね。
  BLは本屋でそれ専用のコーナーがあるほどなので。百合にもそこを目指してほしいです。

  出てくるカップルが増えて百合作品っぽさが上がってますね。最初は燈子と侑だけの話だと思っていたのが、百合作品としての世界が広がっていますね。
  なんでしょうね。恋人だったり友人だったりそっけなかったりと、いろんな2人の距離感を見せてくれて、百合の奥深さを感じました。人物の組み合わせは同じでも、距離感が変わるだけで印象って変わるものですね。
  そして三角関係的な要素もあるので、さらに奥が深く感じます。キャラによってはさらに複雑な背景があったりしますし。
  終盤のシーンの私のこと好きにならないでねは、百合属性としての闇を感じました。
  序盤は心情的なものが前面に出ている印象でしたが、合宿からは行動的な描写が増えているように感じました。一緒にお風呂に入ったり、寝る前にはしゃぐだけでも心情的な背景が見え隠れして、奥が深く感じますね。
  ただの百合作品というだけではなく、文学的な情緒だったり奥深さがあると思います。自分にとってのいい百合作品って、こういうテイストだと思うんです。

青い方のコーラ味ラムネ飲みました

  肖像権ってなんだろう。そう思います。自分にはあるわけないのですが。スポーツ観戦や寄席に行って、雑誌の写真に写りこんでいたり、テレビに映っていたり。去年は新聞にも載りましたから。
  さらにはネットにも載っていますし。主なメディアを軒並み制覇しそうな勢いで、後はラジオかなぁ。そう思うんですけれど、ラジオに出るってかなりガッツリ露出されますからね。勘弁です。
  フェイスブックとかは実名で登録するんですよね。自分は極力目立ちたくないタイプですので。こういう風に自分を晒す度胸はないなぁ。

  歯医者での治療が終わりました。心に羽がはえるって、こういうのをいうんだな。そんな心持です。
  安心して緊張感が抜けたからなのか、歯磨きの頻度が下がった気がします。正確には食事してから磨いていたのが、仮眠を取ってから磨くようになりました。休日だけですが。
  行く必要がないのが一番と思うのですが。なんか歯医者まっしぐらな道を再び歩み始めた気がします。

ハタ鉱泉 青い方のコーラ味ラムネ 200ml瓶×30本入ハタ鉱泉 青い方のコーラ味ラムネ 200ml瓶×30本入
ハタ鉱泉
販売元:Amazon.co.jp

  さて本日飲むのは、こちらの「青い方のコーラ味ラムネ」です。オマージュなのでしょうか。しれっと他者の商品を模倣して、乗っかっていくこの姿勢。好きです。しかも赤いバージョンも出ていますからね。
  今年初めてのラムネかも。ラムネって栓を開ける時に、周りに飛び散るのをなんとかして欲しいですね。洗面所で開けてよかったよ。パソコンの前で開けていたら・・・。パソコンびしょ濡れで下手したら故障ですし。200円未満の飲み物で、10万円のパソコンを壊すなんてシャレになりませんよ。
  実際に飲んでみると・・・味はいいですね。コーラ風味でラムネを飲んでいるのか、コーラを飲んでいるのか。混乱しますね。
  

仙台べこタンカレー食べました

  スマホの月々の利用料金が、安い所だと1980円だったりするんですけれど、1年間限定で2年目からは2980円と、1.5倍の値段に跳ね上がるので、逆に高く感じるといいますか、損した気分になりそうといいますか。
  だったら最初から2980円でいいよ。そう思ってしまうのですが、どこかに同志の方はいらっしゃいませんか?

  ボーナスの季節が到来しました。自分には縁がないものですので、この時期になるとクリスマス直前に恋人がいないとか、夏で水着のシーズンなのにダイエット失敗とか、そういうのと同じ精神状態になります。
  例えボーナスがなくても、少ないお金で大きな幸せを得られる使い方をすればいいじゃない。
  お金の使い方には投資、消費、浪費の3種類が存在する。それぞれ使ったお金以上の価値があるのか、同等かそれ以下か。という事です。
  そう思いつつ消費と浪費を繰り返しています。欲しいものは買う!買って所有欲を満たす!
  本日はアナカリスを買ってきました。水草で一番安いヤツです。日本に入ってきたときには切れ端くらいしかなかったのに、爆殖して全国に広がってるんですよね。なのに特定外来生物にしていされてない不思議。その一歩手前で止まってるんですよね。
  特定外来生物に指定されている水草もあるのに。そういう増えすぎて困るものを水槽にドボンしてみたいですね。
  ちなみに増えすぎて困るくらい増えるアナカリスですが、自分は普通に枯らしますからね。自分の飼育力はどうなってるんだ?きっとカメを飼っても瞬殺するに違いないですね。

べこたん  さて本日食べるのは、こちらの「仙台べこタンカレー」です。
  地元の名物をとりあえずレトルトカレーにする。うん。ありがちな展開ですね。
  高校が監修しているのがポイントでしょうね。監修した人は一生の思い出になるでしょうし。いいと思います。
  実際に食べてみると・・・どこまで高校が監修しているんだ?なんですかこれは。天才シェフ誕生ですか。超美味しいんですけど。
  赤ワインとかトマトケチャップとかが入っていて、洋風のカレーなんですけど、いろんな味が混ざり合って奥深い味わいになっていますし、具材もしっかりと美味しいですし。仙台の商品とはいえ笹かまぼこが入っているのは珍しいですね。味わい完璧といえる久しぶりのカレーでした。
  

ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。5

ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。
著者:原田 まりる
ダイヤモンド社(2016-09-30)
販売元:Amazon.co.jp





  哲学エンターテインメント小説登場!!京都を舞台にした、人生の意味を追求する哲学の巨人たちと、哲学を知らない17歳のアリサの成長を描いた感動ストーリー。


  買った動機としては、連休があったら新しい本を手を出す。そんな自分ルールがあるんですけど、本屋をさまよっていたら目についたので衝動買いしました。

  幸せを求めて自己啓発本とか、お金持ちになるための本を読んできて悟った事があります。
  それは幸せとは心の持ちようなのだという事。お金持ちにも不幸な人はいます。幸せとはつまりは哲学なのかなぁ。とりあえず通じる所はあると思います。

  書いている人が女性だからなのか。登場する哲学者がみんな男です。これがラノベだったら、みんな美少女に転生させられてたんでしょうねぇ。存命中のおじさんも美少女イラスト化される時代ですからね。
  そして男女間の友情が成立してしまっている。男が書いていたらアリサさんラッキースケベの餌食になっていたと思う。
  アリサさんがコミュ力が高く感じました。フレンドリーな人で好感が持てるので読みやすかったですね。
  途中からキャラが若干変わっていたような気がします。ものすごく聞き上手になってる〜!!これも作品の性質上こうなるのかなぁ。
  章のタイトルだけでも感銘を受けるフレーズが多かったですね。生きる上での心構えが分かるというか。簡単なものだけでもいいので、学校の授業で教えてほしかったなぁ。

天使の囀り/貴志祐介5

天使の囀り (角川ホラー文庫)天使の囀り (角川ホラー文庫)
著者:貴志 祐介
角川書店(2000-12-08)
販売元:Amazon.co.jp







  北島早苗は、ホスピスで終末期医療に携わる精神科医。恋人で作家の高梨は、病的な死恐怖症だったが、新聞社主催のアマゾン調査隊に参加してからは、人格が異様な変容を見せ、あれほど怖れていた『死』に魅せられたように、自殺してしまう。さらに、調査隊の他のメンバーも、次々と異常な方法で自殺を遂げていることがわかる。アマゾンで、いったい何が起きたのか?高梨が死の直前に残した「天使の囀りが聞こえる」という言葉は、何を意味するのか?前人未到の恐怖が、あなたを襲う。


  意味もなく敬遠していた作品が、2ちゃんねるで絶賛されていたから買った。そんな感じです。
  自分の流されやすい性格がよくでているのではないでしょうか。しかもこの理由で買ったのは、初めてではないですからね。

  敬遠していた理由は、本が分厚いから。実際に読んでみると、この分厚さが全く気になりませんでした。
  それどころか読み進めるモチベーションが上がりましたからね。実際に読んでみないと分からない物ですね。

  読んだ感想としては、フィクションに混ざった、リアルの配合が絶妙だと思った。
  ホラーってあんまり現実離れしていても、怖さを感じませんもんね。この作品はある程度のリアルの要素が混ざっていました。
  終盤のホラー要素のたたみかけも見事でしたし、最後までストーリーにひねりがあって飽きませんでしたし。登場人物が無駄なく使われていて、思った以上に構成も巧みでしたし。
  ホラーですからある程度は怖さがあるんですけど、それ以上に好奇心が勝って、読み進めたくなる作品でした。

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア9/大森藤ノ3

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア9 (GA文庫)ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア9 (GA文庫)
著者:大森 藤ノ
SBクリエイティブ(2017-06-13)
販売元:Amazon.co.jp





これは少女時代のアイズのお話

王国軍出兵。
ベートの活躍によりアマゾネス狩りの事件を収束させたのも束の間、都市外からの侵略者の迎撃に乗り出す【ロキ・ファミリア】。
強過ぎる冒険者達によって万の軍勢が蹴散らされていく中、ひょんなことから発せられた少女の問いが、リヴェリアの記憶の扉を叩く。

「昔のアイズさんの話、聞かせて頂けないでしょうか?」

それは、当時『人形姫』と謳われていた少女の秘話。
追憶の欠片はハイエルフの想いを過去に飛ばし、一方で竜信仰の村に辿り着いた少女もまた在りし日の情景を追想する――。

これは、もう一つの眷族の物語、
──【剣姫の神聖譚】──


  率直な感想としては、作品としての地位が確立されたから、引き伸ばしに入ったのかなぁ。そんな感想です。
  外伝に関しては、1巻ごとにロキファミリアの人の過去話になるのかなぁ。そう思いました。
  この巻ではリヴェリアですか。アイズの少女時代にも深く関わっているリヴェリアの過去話だったので、アイズファンにとっては琴線に触れるものがあるのではないでしょうか。
  個人的には重要度が低く感じました。アイズの成長物語的な色合いが強い内容でした。
  コンセプト的には1巻に近付いたかなぁ。あくまでも本編の裏を書いた作品ということですか。ストーリーも細切れでしたし。アイズファンにはいいんでしょうけれど、ストーリーが進んでないのが残念でした。

スロウスタート4/篤見唯子5

スロウスタート (4) (まんがタイムKRコミックス)スロウスタート (4) (まんがタイムKRコミックス)
著者:篤見 唯子
芳文社(2017-06-27)
販売元:Amazon.co.jp






  5話連続の大ボリュームな水着回では、みんなの水着姿を存分に堪能!
栄依子(生徒)と榎並(先生)の2人は、ふとした急接近で危険な香り?
子供みたいにはしゃいだり、大人みたいに心が締め付けられたリ……
女の子のすべてが詰まってる、まんがタイムきららの大人気スロウストーリー。


  夏休みの巻です。ストーリー進行が遅い。これはプラスのポイントだと思うのですが、この巻で水着回が終わってしまった。次の水着回はいつになるんだ?そう思うと心は複雑です。それと留年カミングアウトをする時はくるのでしょうか。

  水着回あり。なのですが、これがかなり変化球で、雨でプールに行けない。とりあえず部屋で水着になればそれっぽくなるんじゃない?そんな感じ。しかも数回にわたって続いてるんですね。
  水着で部屋で雑談するというのは初めて見るんですけど、意外と違和感がないかなと思った。
  自分が水着フェチで、そういう画像ばかり見ていて、見慣れているからかなぁ。普通は違和感を感じるものなのかな?キャラの半分が幼女体型だからというのもあるかもですね。
  好きなキャラは栄依子さんなのですが、万年大会さんが出てくる回が、ストーリーのクオリティーが高くなっていると思います。
  というかなんでこの展開で、こんなにいい話にまとまるのかなぁ。ダメ人間でもいいじゃないか。そう言われているみたいで励まされますね。
  萌え4コマは自分的には癒しなのですが、このシリーズの場合はそれに加えて元気をくれるのがいいですね。

アノ コーヒー飲みました

  格安スマホについて調べている毎日です。調べるだけで買ったわけではないです。買わないと心は満たされない。ですから今の自分の心は空虚なものです。
  家電量販店でちんぷんかんぷんな質問をして、店員を困らせるということを素でやっている自分ですが、最近はそこに話かけんじゃねぇオーラ全開というスキルが上乗せされました。
  家電量販店で実際の製品を見ていると、日本の技術力は本当に高いんだろうか。そう思います。特に格安スマホについて調べていると、そう思わざるを得ない。
  海外のメーカーが、このハイスペックで低価格ですよとか、このスマホはカメラがすごいんですよとやっている時に、日本のメーカーにこのスマホは泡で洗えますよと言われても・・・。頭の中が「?」でいっぱいになるわけですよ。
  ガラケーのガラってガラパゴスのことですよね。独自の進化をしているからそういうんですよね。なんでスマホでガラパゴスしてるんですか。
  スペックも高くないみたいですし、よくこれにゴーサインが出たなぁ。信頼の国産といっても、最近は海外のものが激増していますから、その辺りの抵抗はなくなってるんですよね。
  
  7.13に静岡の草薙球場で行われた、フレッシュオールスターに行こうと思っていたのですが、天気が気になっていたんですよね。
  空の隙間から青空が見えていたので行ってみたら、静岡駅から外に出ると普通に雨が降っていました。
  静岡って広いですから。山の向こうとこちらで天気が違う。そんなことがあるんですよ。
  結局はアニメイトの店内を物色して帰りました。とんだ無駄足だったなぁ。フレッシュオールスターは家に帰ってテレビで見たのですが、2回くらいまで降っていた雨が止んで、ちょっとまてと思った。これなら帰らずに観てくればよかったかなぁ。
  試合もあっという間のスコアレスドローでした。早く終わってしまった試合ですが、スコアレスドローは史上初で、初めての事はずっと記録に残りますし。静岡出身の選手も普通に出ましたしね。
  ここからスターが出るのでしょうか。というかピッチャーのレベルが高くなかったですか?点が入らなかったから、そう感じるのかな?

サンガリア アノ コーヒー 500ml×24本サンガリア アノ コーヒー 500ml×24本
サンガリア
販売元:Amazon.co.jp
  さて本日飲むのは、こちらの「アノ コーヒー」です。普通に自販機で買いました。
  ありふれた商品なのですが、ネーミングが気になって買ってしまったんですよね。なんといいますか小林製薬みたいなネーミングセンスですよねぇ。
  実際に飲んでみると・・・超普通。コーヒーって乱暴に言ってしまえば、ミルクと砂糖でかなり味がごまかせるんですよね。
  なんか雪印の紙パックに入ったコーヒーに近い味だと思います。コーヒーって安くて量が多くて美味しいとなると、こういう味になるのかなぁ。そんなコーヒーでした。
読書日記バナー
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
訪問者数

Profile
Categories
カウンター
Archives
Amazonライブリンク
楽天市場
メロ
アクセス解析
タグふれんず
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アフィリバナー
コメントはお気軽に
あしあと
GyaOデイリーランキング総合ベスト5
  • ライブドアブログ