名前はまだない (百合姫コミックス)名前はまだない (百合姫コミックス)
著者:かずま こを
一迅社(2013-04-18)
販売元:Amazon.co.jp
  最近は、普通に男女がカップルの、作品も描いているんですけど、読んで実感したのですが、この先生の実力は、女同士のカップルを描いた、短編の連作作品でこそ発揮されると思います。
  「純水アドレッセンス」に、テイスト的には近いと思います。恋に関する心の駆け引きと、それによって揺れ動く心を、見事に描き切っていると思う。

  この作品の表題作が絶品。表紙の2人の駆け引きがたまらない。奥が深いのです。体で愛し合うという表現はないのですが、体よりも心で愛し合う方が、表現は難しい。そう思います。

  「純水アドレッセンス」で登場する2人が、登場するのもこの作品が好きな自分には嬉しい演出でした。

  着実に画力が成長していますね。この成長した画力に表現力が合わさっているので、読んでいる人の心を動かす力も大きいと思います。とても、味わい深いラインナップの作品集だと思います。