アサイーベリーが眼に効く

アサイーベリーがいいと言われて実際に試してみたレビューなど。

疲れ目をはじめとした目のトラブル関連には、やっぱり抗酸化物質をしっかり摂ることがポイントです。

眼病や目のトラブルもやっぱり早期発見、早期治療が大切

3年ほど前、眼科で「緑内障の初期」と診断されました。自覚症状は全くなかったので、とても驚きました。

ただ、その当時、ひどく目が疲れやすかったのは事実です。視力自体は左右とも1.1と、決して悪いほうではありませんでした。

しかし、普段、溶接の仕事をしているので、目に負担をかけ続けていたのかもしれません。長時間、読書を続けていると、すぐに目が疲れて、集中できなくなっていました。目が疲れると体もとても重く感じ倦怠感が強く困りました。

眼科医がいうには、「眼圧が高め」とのこと。さらに詳しい検査を受けたところ、冒頭の緑内障という診断が下ったのです。

検査の間、医師から「緑内障だったら、視野がだんだん狭くなって、やがて目が見えなくなりますよ」といわれて、怖くなりました。緑内障はこちら

そんなとき、「アサイベリーが目にいい」という記事を目にしました。71歳になる母も緑内障だったので、2人で話し合って、アサイベリーを試すことにしたのです。それからは、毎日、病院で処方される目薬をさし、アサイベリーをとり続けました。

効果はあったようで、2人とも効果てきめん。私のほうは、医師から「もう(緑内障の治療のための) 目薬をささなくていいですよ」といわれました。これが、つい3ヶ月ほど前のことです。一方、定期的に眼科の通院を続けている母は、医師から「悪くなっていない、現状維持ですね」といってもらえたそうです。

念のため、目薬を手元に置いていますが、「緑内障の悪化を食い止めることができた。アサイベリーはいいわねぇ」と喜んでいます。緑内障という病気は、症状がかなり進行してからでないと、気づかない人も多いそうです。私の場合は、早く見つかり、早く対処できたので幸運だったと思います。今のよい状態をキープできるように、通院治療は終わっても、アサイベリーは続けていきます。

もちろん、母にも続けてもらいたいと思ってい虐サ。親子ともども、いつまでも視界良好で過ごしたいですからね。

緑内障の進行を止めることができたアサイーベリーはこちら。

飲んで3時間を過ぎたら目の緊張がとれて目が開いた

ミニチュアのドールハウス作りは、私が40代から始めた趣味で、生きがいでもあります。まず12分の1サイズで家を作り、家具や照明、花などのインテリアを配置していきます。作業は1 mm、2mm単位のとても細かいものですが、イメージが形になっていくと、時間を忘れて夢中になってワクワクしてしまいます。

しかし、50代半ばになったころ、ドールハウス作りを中断せざるを得なくなりました。理由は、極度の疲れ目でした。作業に集中していると、涙がとめどなく流れてきて、止まらなくなるのです。視界もぼやけて細かい作業ができません。

疲れ目の悪化で首の後ろがポ腫れて、そのつど自分でもみほぐさないと、腫れが治まりませんでした。そんな苦しい状況をなんとかしたいという思いから、昨年の夏に試してみたのが、「アサイーベリー」だったのです。

私の場合、幸運なことに、うれしい変化がありました。アサイベリーを初めて飲んだその数時問後には、目がバッと見開いたような感じがしたのです。これには自分でもただただビックリ! そして、私の視界はその日以来、日ごとに鮮明になっていきました。

目の調子がよくなったので、私はドールハウス作りを再開することにしました。様子を見ながらのスローペースでしたが、有り難いことに、疲れ目や涙目の気配は全くありません。そこで、以前のように本格的に取り組んでみることにしました。

作業をしている問、目の調子が悪くなることもなく、ドールハウスはイメージどおりに完成。出来栄えにも大満足でした。先日は、通っているフラダンスの教室から、首にかけるレイの制作を依頼され、気持ちよく作り上げることができました。

このときも、涙目や首の後ろの腫れもなく、ひと安心。幸せを実感しております。このような効果を実感したので、「アサイベリーはずっと手放せない」というのが、私の正直な気持ちです。ドールハウス作りに励めるのも、アサイベリーのおかげ。私は日々、アサイベリーのよさを実感しています。

私の趣味は、40代から始めたミニチュアのドールハウス作りです。これは、まず12分の1サイズで家を作り、家具や照明、花などのインテリアを配置していきます。1mm、2mm単位の細かい作業を続けて、イメージが形になっていくと、現実を忘れてワクワクしてしまいます。

しかし、50代半ばになったころ、大好きなドールハウス作りをやむなく中断せざるを得なくなりました。理由は極度の疲れ目でした。作業に集中していると、涙がとめどなく流れるようになってしまったのです。

それだけではありません。疲れ目の悪化で首の後ろまでポッコリと腫れて、そのつど自分でもみほぐさないと治まりません。そんな症状をなんとかしたいという強い思いから、昨年の夏に手にしたのが「アサイベリー」だったのです。

すると、信じがたいことが起こりました。アサイーベリーを初めて飲んだ、その数時間後には、目がバッと見開いたことを実感できたのです。これには自分でもビックリ! のひと言しかありませんでした。以来、日ごとに視界が鮮やかになっていったので、試しにドールハウス作りを再開しました。

様子を見ながらのスローペースでしたが、うれしいことに、疲れ目や涙目の気配はまったくありませんでした。そこで、以前のように本格的に取り組み始めてみることにしました。

目の調子はやはり良好のまま。ドールハウスはイメージどおりに完成し、出来栄えにも大満足でした。先日は、通っているフラダンスの教室で、首にかけるレイの制作を頼まれました。

私は、すぐに承諾し、制作に取り掛かりましたが、涙目も首の後ろの腫れもなく、最後まで楽しく作ることができました。このようなことがあって、アサイーベリーはずっと手放せないなというのが、私の正直な気持ちです。「私の体がアサイベリーを必要としているんだ」と痛感しつつ、今日もドールハウス作りに励んでいます。
アサイーベリーの3大眼病への効能、効果

今から数年前に、眼科で白内障と診断され、その1年後ぐらいから、目のかすみが深刻化していきました。目の前に白い膜やモヤがかかったような状態になって、解消しません。目の不自由は想像以上にストレスで困りました。四六時中、目のことが気がかりで大きなストレスとなってしまいました。

テレビドラマを見ているときには、字幕が二重にぼやけてしまうのです。これでは大好きな韓流ドラマも、落ち着いて楽しめません。
外に出れば、日光がまぶしくて、サングラスが必需品になりました。
夜は、車のライトや街灯がパーッと広がり、目に飛び込んできてつらいのです。眼科医には、「もう手術しかない」と診断され、翌年の1月初旬に手術を受けることが決まっていました。

ところがその直後、目のかすみで足元がおぼつかない私は、公園で転んで左手首を骨折。白内障の手術は、骨折が治るまで延期になってしまいました。しかし、思い返せばこの骨折こそが一大転機だったのです。けがの功名とはこのことだと後になって感謝しています。

治療のために通っていた接骨院の待合室で、偶然手に取った雑誌で、「アサイーベリー」のことを知りました。記事を読み終えた私は、この日をアサイーベリーに託してみようと心に決めました。ベリーの種類なのだとわかりましたが、実際には詳しく知りませんでした。

それからは、奇跡が起こるとを信じて、朝・昼・晩と1日3回、アサイーベリーを飲み続けました。すると飲み始めて2 ヶ月後のある日、白い膜が消えて、クリアな視界が戻ったことに気付いたのです。

それからは、トントン拍子に目の調子がよくなっていきました。新聞は裸眼でも読めるようになり、細かい手作業を続けていても、目の疲れや目ヤニが出ることもなくなりました。

光のまぶしさまで和らいできて、サングラスは念のために携帯するだけ。テレビの字幕もはっきりとと見えて、毎日すがすがしい気持ちで過ごせます。

いちばんの朗報は、白内障の手術が中止になったこと。しかも、眼科の検査では、視力が0.06から右0.7、左0.8に上がっていたのです。アサイーベリーの実力は疑いの余地なしで、もし手元から切らしたら、心細くなるでしょう。最良の巡り合わせに感謝です。

アサイーベリーの3大眼病への効能、効果
https://contactlenstrouble-guide.net/trouble/?p=196

私の祖母85歳の今も、趣味のゲートボールを毎日、思い切り楽しんでいます。こうして元気いっぱいでいられるのも「アサイーベリー」に出合えたおかげなのです。若いころ、祖母は鉄道会社に勤めており、文字が細かい時刻表に関連する仕事をしていました。

また、祖母は、無類の本好きで、『戦争と平和』や『徳川家康』などの歴史小説から百科事典まで、何度も読み返したものです。そうした生活が目にも影響したのでしょうか。年齢とともに視力の衰えを頻繁に口するようになりました。

例えば、事の運転ではメガネをかけても視界がぽやけるようになってしまいました。「このままではいかにも危険」と不安に思っていたとき、奇跡のフルーツと呼ばれる「アサイーベリー」の存在を知ったのです。
それまで目のためにはブルーベリーだとばかり思っていましたがじつはブルーベリーの目に効く成分がアサイーベリーには5倍も含まれているのです。

「これだ!」と直感した祖母は早速、アサイーベリーを飲んでみることにしました。飲み始めてまず喜んだのは、ゲートボールで目標にする球に記された数字がクッキリと見えるようになったことです。これが見えないと、そもそもゲームになりません。実際に視力が落ちて、続けられなくなった仲問もいるそうです。

日常生活ではメガネがほぼ不要になりました。裸眼でいるほうが調子もよく、メガネをかけるとかえって視界がぼやけるくらいになり、アサイーベリーのパワーには感心するばかりです。

視力が回復したことで、車の運転にも不安はなくなったといいます。悩んでいたころが信じられないくらい、今は裸眼でスイスイ、毎日快適にハンドルを握っています。

実は、「この調子なら、次の免許の更新ではメガネの項目が外せるかも」と、ひそかに期待しているようです。そこまではちょっと無理かとも思っていますが(笑)

さらにうれしいことに、アサイーベリーを飲んでからは以前から患っていた緑内障の症状が安定しています。眼圧が上昇して、病院で点眼薬をたくさん出されても改善しなかったのが、今は心配のない状態にまで眼圧も下降。ホッとひと安心です。目の不安から祖母を解放してくれたアサイーベリーには感謝です。

↑このページのトップヘ