このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    PR>今大ブレークあなたをより魅力的に!セクシーランジェリーでより魅力的に!

    急性心不全のため21日に亡くなった俳優の大杉漣さん(享年67)の長男で写真家の大杉隼平氏が24日、自身のツイッターを更新。一部で報じられたフジテレビが隼平氏に酷な要求をしたという記事について、「決して酷な要求をした訳ではありません」と否定した。

    【写真】9日には…、共演者とノンストップで50分トークしていた大杉さん

     「週刊女性PRIME」が23日に配信した記事によると、大杉さんの訃報の直後、各テレビ局が大杉さんの自宅へ張り込みのために集まると、仕事で新潟から急きょ帰京した隼平氏が取材に対応。しかし現場にいたのは日本テレビ、TBS、テレビ朝日の3社で、フジテレビの記者はいなかった。取材が済んだタイミングで駆けつけたフジテレビの記者が「もう一度同じことを話してくれ」と頼み、最初は断った隼平氏だが場所を移動して改めて対応したという。

     この記事を受けて、隼平氏は「一部報道にありましたフジテレビからの取材ですが、確かに最初にインタビューを受けてから時間が経ってからです」と一部は認めたものの、酷な要求だったわけではなく「自宅前で近所の方に迷惑になるので、移動してお話しします。と自分が伝えました」と説明した。

     そして「今回の事で誰かが傷つくことは自分も父も望んでおりません」と思いを打ち明けている。                            

    <PR>リピート率89%出張アロママッサージ自宅やシティホテルにセラピストを派遣


    都内出張アロママッサージ都内リピート率NO1♪


    ビットクラブ:新規入会はこちら♪ビットクラブ

    日本初の出張アロママッサージ今大人気「スリーピングアロマ

    汗じみ、ブラひも…「夏の下着問題」はアンヘリータ

    出張マッサージがいい 激しく同意




      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    PR>今大ブレークあなたをより魅力的に!セクシーランジェリーでより魅力的に!

    3月末を期限に50歳以上の社員に最高7000万円の退職金を上乗せし、早期退職者を募集したことが報じられたフジテレビ。「とんねるずのみなさんのおかげでした」「めちゃ×2イケてるッ!」と、20年以上続いた看板番組も3月いっぱいで打ち切るなど、リストラの嵐だ。

    「昨年、亀山千広氏(61)から代わった宮内正喜社長(74)は、まさに“コストカッター”。編成畑を歩んできた人で、現場のことをよく知らない。昨年6月に就任してすぐ、情報制作局のある部署に10億円の経費削減を厳命してきました」(フジテレビ関係者)

     取材を進めると、この部署だけでなく社内全体に厳しい締め付けがあることが明らかになった。

    「坂上忍(50)がMCを務める『バイキング』など、比較的視聴率のいい番組でもリストラは行われています。例えば、出演タレントを少なくして出演料を抑え、観覧客も入れなくなりました。当選者への連絡や入場整理をするスタッフを減らせますし、前説をする芸人もカットできる。そんな微々たるお金まで削減しているんです」(テレビ誌記者)

     一連のリストラにおける“最後の大物”は「とくダネ!」司会の小倉智昭氏(70)といわれている。小倉氏は過去にも何度か“クビ切り説”が報じられた。実際、5年前には降板に向けた具体的な動きが局内であったが、視聴率の好転などもあり続投が決まったという。

    「ピーク時に1本120万円ほどあった小倉さんのギャラは、半額近くまで下がっています。それでも小倉としては、20年に開催される東京五輪までは番組に残りたかった。五輪を花道に勇退するのは確定的といわれています。その後、スムーズに司会をチェンジするために、主婦ウケのいい伊藤利尋アナと山崎夕貴アナを4月から加入させるのです。秋ごろから小倉さんはご意見番のような立ち位置になり、実質的にこの2人の局アナが番組を仕切るようになりそうです」(前出のフジテレビ関係者)

     リストラの嵐は容赦なく“功労者”も巻き込もうとしている。                            

    <PR>リピート率89%出張アロママッサージ自宅やシティホテルにセラピストを派遣


    都内出張アロママッサージ都内リピート率NO1♪


    ビットクラブ:新規入会はこちら♪ビットクラブ

    日本初の出張アロママッサージ今大人気「スリーピングアロマ

    汗じみ、ブラひも…「夏の下着問題」はアンヘリータ

    出張マッサージがいい 激しく同意




      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    PR>今大ブレークあなたをより魅力的に!セクシーランジェリーでより魅力的に!

    お笑いタレントのビートたけしが24日、TBS系『新・情報7daysニュースキャスター』(毎週土曜 後10:00)に生出演。自身が監督する映画に多数出演し、急性心不全のため21日に亡くなった俳優の大杉漣さん(享年67)の追悼VTRを見て、目に涙を浮かべた。

    【写真】北野組の常連だった大杉漣さん

     大杉さんは『ソナチネ』(1993)以降、最新作の『アウトレイジ最終章』(2017)まで合計10本の北野映画に出演し、北野監督が最も信頼する俳優だった。たけしは涙をこらえながら思い出を回想し、『ソナチネ』で自身が見出してブレイクした大杉さんが、同作でも『アウトレイジ』でも死ぬ役だったため「オレが生かして、オレが死なせたようなところがあるのかな…」とつぶやいた。

     また、大杉さんの訃報をマネージャーから聞いた時は、「亡くなったっていうのは分かるんだけど、大杉さんって誰のことかすぐに理解できなかった」と、驚きのあまり状況を整理できなかったことを明かした。

     大杉さんは1951年9月27日生まれ、徳島県出身。74年から88年まで、太田省吾主宰の『転形劇場』で舞台俳優として活躍し、78年に『緊縛いけにえ』で映画デビュー。以降、映画『ソナチネ』、『土竜の唄 潜入捜査官REIJI』、NHK連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』などの多数の作品に出演。主役を際立たせる名バイプレーヤーとして欠かせない存在となった。

    <PR>リピート率89%出張アロママッサージ自宅やシティホテルにセラピストを派遣


    都内出張アロママッサージ都内リピート率NO1♪


    ビットクラブ:新規入会はこちら♪ビットクラブ

    日本初の出張アロママッサージ今大人気「スリーピングアロマ

    汗じみ、ブラひも…「夏の下着問題」はアンヘリータ

    出張マッサージがいい 激しく同意




    このページのトップヘ