2006年08月08日

夏の甲子園

高校時代、夏の甲子園を目指し野球部で日々練習していた。

早いものであれからもう20年も経つ。


毎日テレビでは熱戦が繰り広げられているが、明らかに20年前とはレベルが違う。
140キロ台を投げるピッチャーがゴロゴロしている事もすごいが、ラッキースタンドもないあの広い甲子園でホームランがポンポン出るのも驚きだ。


自分は今もなお、草野球で現役である。

これからの夢は、人生の成功者たちと共に、平日の昼間に東京ドームを貸しきって草野球をすること。

そしてそのマウンドに立ち、120キロ以上の球を投げること。

そして、打つからにはスタンドに入れてみたい。(生涯一度もないが・・・)


そのために必要なこと・もの。
・財力
・時間
・体力


zyx777 at 18:33│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔