グーグルのAI、黒人とゴリラの判別が出来ず検閲してた!? 


海外「マジかよ・・・。」
de9ac420




 
グーグルのシステム、黒人とゴリラの区別が出来ず検閲してることが判明!

http_%2F


写真や画像を無料で保存できるGoogle Photosには機械学習が使われており、類似のコンテンツ認識し、自動でラベル付きで分類してくれます。2015年にこのGoogle Photosが黒人を「ゴリラ」とラベリングしたことが大きなニュースとなりましたが、2年たってどれだけ画像認識技術が進歩したかがチェックされたところ、「Google Photosはゴリラを見えないものとしている」ということがわかりました。

When It Comes to Gorillas, Google Photos Remains Blind | WIRED
https://www.wired.com/story/when-it-comes-to-gorillas-google-photos-remains-blind/

Google's solution to accidental algorithmic racism: ban gorillas | Technology | The Guardian
https://www.theguardian.com/technology/2018/jan/12/google-racism-ban-gorilla-black-people

Googleのフォトアプリ「Google Photos」がJacky Alcineさんとその友人に「ゴリラ」というラベル付けをしたという事件が起こったのは2015年7月のこと。Googleのソーシャル部門のチーフ・アーキテクトであるYonatan Zungerさんはこの件についてAlcineさんに謝罪し、許可を得てAlcineさんのアカウントにアクセスすることで、すぐにバグは修正されました。

画像認識アルゴリズムはまだ発展途中であり、Zungerさんによると「マシン自体にはバイアスはないが、彼らは私たちが注意しないと、簡単に人種差別を学んでしまう」とコメントしました。

事件から2年経過し、画像認識技術も進歩したということで、ニュースメディアのWiredはGoogleの画像認識性能がどれほどアップしたのかをGoogle Photosを使って調査。さまざまな動物の写真4万枚をGoogle Photosをに保存し、パンダやプードルといった動物の種類で検索したところ、「ゴリラ」「チンプ」「チンパンジー」「サル」といった単語には「No results」という検索結果が示されたとのこと。一方、ヒヒ、テナガザル、マーモセット、オランウータンについては検索ができたそうです。

また、チンパンジーのNPO「Chimphaven」やゴリラの保護団体「Dian Fossey」をソースとする20枚の写真をアップロードしたところ、「森」「ジャングル」「動物園」といった単語でいくつかの写真は検索できましたが、その他の単語では検索が難しかったといいます。つまり、Google Photos内でヒヒはヒヒとして認識されるものの、チンパンジーやゴリラは「見えないものとされている」とWiredは示しました。

さらに別の実験で、顔認識技術の研究に使われた1万人以上の顔の画像をGoogle Photosにアップロードし、「African american」「black man」「black woman」「black person」といった言葉で検索したところ、African americanではアンテロープが、ほか3つの言葉では白黒の画像が示される結果となりました。この時、男性・女性といった性別についてGoogle Photosは認識していたものの、人種については検索結果に反映されませんでした。

Googleの広報によると、2015年の事件以降、「ゴリラ」という単語は検索や画像タグにおいて検閲対象になっているのだとのこと。また同様に、チンパンジーやサルについてもブロックされているそうです。「画像のラベリング技術はまだ初期の段階にあり、残念なことに完璧とはほど遠いものです」とGoogle広報は説明しています。


Googleはゴリラ画像を検索結果からブロックしている

BN-JE950_Google_NS_20150701212240

http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-5270891/Google-bans-word-gorilla-racist-Photos-app.html#comments
https://gizmodo.com/google-censors-gorillas-rather-then-risk-them-being-mis-1821994460
以下海外の反応↓



・これは人種差別だろ。




・グーグルのシステムはゴリラと黒人の違いも分からないのかよ(笑)




・2年経っても修正出来ないってどういうこと?




・また間違いが起こる可能性があるからこのような処置をしてるんだろ。




・画像認識ソフトウェアってのは顔の特徴を認識するように設定されてるんだよ。
だからゴリラと特徴が似てた場合は、当然ゴリラとして振り分けられてしまう可能性がある。
これは人種差別ではなくソフトウェアの問題だ。




・グーグルの人口知能ってそんなに馬鹿なの?




・人口知能って我々人間の知能を遥かに凌駕してるんじゃなかったのか?
それなのにゴリラと黒人の区別もつかないだと!?




・H&Mは黒人少年にモンキーと書かれたシャツを着せて炎上したけど、これは炎上しないの?




・黒人がゴリラになるなら、白人はシロクマにでもなってしまうんじゃないのか?




・意図的な差別じゃないと言うけど、でもアルゴリズムを設計したのは人間だろ?
つまり人間によるエラーと言えるのでは?




・これはソフトウェアの問題であって人種差別ではないよ。
そもそも人間も猿の一種じゃないか、ゴリラやオランウータンなどは、我々人間とDNAの構成もほとんど一緒だしな。
もしまた間違いが起こってしまえば炎上してしまうのはグーグルなんだよ。
だから彼らはこのような処置をしてるだけ。




・しかし黒人とゴリラの違いも完璧に見分けられないのに、自動運転システムとか出来て本当に大丈夫なのだろうか・・・。




・我々人類は猿から進化したと言われてるけど。
それについて人種差別主義者はどう思ってるのだろうか?




・我々は類人猿から進化したんだろ?
つまりこのグーグルのコンピューターが言ってることは間違ってる訳じゃないだろ。




・我々はついにAIにまで人種差別だと文句を言うようになったんだな・・・。




・このままだといつか、ゴリラそのものが人種差別になる日が来るかもな。
動物園でゴリラのコーナーが無くなる日も近いだろう。




おすすめ記事↓


グーグルが黒人をゴリラに認定し炎上! 海外の反応。

アップルが黄色人種を差別してると海外で騒動に! 海外の反応。

昔のアメコミのプロパガンダに衝撃! 日本とドイツの描かれ方が酷過ぎるw

目が細すぎるとしてパスポートの更新を拒否されたアジア人に世界が驚き! 海外の反応。

10万年後、人類の目はアニメのように巨大化することが判明か!? 海外の反応。

なんで最近のアニメは左右の目の色が違うキャラが多いの? 海外の反応。

昔のスーパーマンのアニメが日本人を差別的に描いてると話題に! 海外の反応。

アメリカ版ドラゴンボールでミスターポポの色が青色になった理由とは!? 海外の反応。

外国人「日本のハンバーガースゲェな・・・。」

ケント・ギルバート氏「日本の皆さん、沖縄でデモをやってる人達の正体を知ってますか?」

なぜアメリカ人は貯金を全然しないのか? 海外の反応。

韓国の異常な旭日旗批判に外国人も迷惑してることが判明! 海外の反応。

日本には国歌を歌えないオカシナ人達がいるの? 海外の反応。


ブログランキング参加してます。もし宜しかったら応援して貰えるとブログ更新の励みになります^^

banner


(皆様のコメントお待ちしております^^ ※コメ削除とNGワードはライブドア基準です。ヘイトスピーチなどに該当するコメントは規制されてしまう可能性があります。ご迷惑お掛けしますがご了承ください)