アメリカで結婚せず親と一緒に暮らす若者が急増していることが判明!

アメリカだけでなく日本やアジア、ヨーロッパなど世界中で急増傾向か!?

海外「今や成人しても実家で暮らすのは普通のことだよ。」
5cd
 
成人しても親と一緒に暮らす若者がアメリカで急増していることが判明!

またアメリカ以外の世界各国でも急増しているとの声も。

よくアメリカ人は大人になったら独り立ちするのが当たり前、と言う人もいるようですが最近はそうでもなくなってきているようです。


00lop



結婚せずに親と同居する若者がアメリカで大幅に増加しているという指摘

「若者は大人になれば自立して親元を離れるもの」という考えは根強くありますが、アメリカ合衆国国勢調査局が収集してきた50年にわたるデータを分析したところ、「親と同居する若者が数十年前より大幅に増加している」という事実が明らかとなりました。

Reconfiguring The American Household - Rentonomics
https://www.apartmentlist.com/rentonomics/reconfiguring-the-american-household/

オンラインの賃貸物件仲介サービスを展開するApartment Listでアナリストを務めるRob Warnock氏とIgor Popov氏は、アメリカの世帯構成は何十年にわたって徐々に変化し、成長と多様化を遂げてきたと指摘。研究チームは実際にアメリカ合衆国国勢調査局が行った50年分に及ぶ人口調査データを分析し、文化的規範や経済状況の変化が世帯構成にどのような影響を与えたのかを調査しました。

この分析の結果、「若いアメリカ人が配偶者と暮らす割合が大きく低下し、親やルームメイトと一緒に暮らす割合が増加している」傾向が判明したとのこと。研究チームが「特にこの傾向が強い」と指摘しているのが「26歳」の年齢層だそうです。

以下の画像は「26歳のアメリカ人がどのような世帯に住んでいるか」を示したグラフで、横軸が年代、縦軸が全体に占める割合を表します。水色が「配偶者と同居する人」、紫色が「親と同居する人」、赤色が「ルームメイトと同居する人」、薄いオレンジ色が「結婚していないパートナーと同居する人」、緑色が「1人で住む人」の割合を示しています。グラフを見ると、1960年代では80%近い若者が結婚して配偶者と一緒に住んでいたようですが、1970年以降は、結婚して配偶者と同居する人が急激に減少。対照的にパートナー、ルームメイトと同居する人が増加しており、特に親と同居する人の割合は2018年の時点で30%を超え、配偶者と共に住む人の割合を上回りました。一方で、独身で1人暮らしの世帯は2018年の時点でも10%ほどしかありません。


img-snap01961_m


また、23歳では50%近くが親と同居しており……

img-snap01963_m


29歳では配偶者と暮らす人が増加しているものの、やはり20%近くは親と同居していることがわかります。

img-snap01964_m


50年前は26歳のアメリカ人のうち76%が結婚して配偶者と同居していましたが、2018年の時点で配偶者と同居する割合は、わずか24%に過ぎません。こうした変化について、研究チームは結婚率が低下していることが一つの原因だと指摘。その上で、ルームメイトや未婚のパートナーとの同居といった新たな選択肢が、若者たちの間で一般的になりつつあるとも述べています。

以下のグラフは、世界規模の不況を招いたリーマン・ショック前年の2007年以降で、若者の世帯構成がどのように変化したかを表したものです。これを見ると親と同居する若者の割合が46%増加しているだけでなく、パートナーとの同居も32%、ルームメイトとの同居も19%増加しています。一方で配偶者と同居する割合は19%、さらに子どもが生まれている割合も20%低下しました。


01gh


研究チームによると、アメリカの総世帯数は2007年から2018年にかけて10%増加し、2018年には1億2750万の世帯が存在しているとのこと。一方で血縁関係のある相手とのみ同居する世帯の増加は7%にとどまり、血縁関係のない人々と同居する世帯は22%増加しているそうです。なお、ここでの「血縁関係のない人々との同居」は、お互いが独身である場合に加え、結婚した夫婦や核家族世帯が、ルームメイトとして血縁関係のない人物と同居するといった場合も含みます。

アメリカにある25の大都市圏における、「血縁関係のない相手と同居する世帯の増加率」を示した以下のグラフでは、ほとんどの都市圏で血縁関係のない相手との同居が増加していることが示されています。特にオーランド、サンアントニオ、デンバー、サンディエゴ、シャーロットといった都市では、血縁関係のない相手と同居する世帯が2倍以上に増加していました。


02_m


一方で大きく減少しているのが核家族世帯であり、2018年の核家族世帯数は、アメリカの人口が27%も少なかった1984年と同じくらいだとのこと。この理由について研究チームは、多くの地域において住宅費が法外に高騰し、核家族世帯が住宅費をまかなえなくなっている可能性があると指摘。そうした世帯は、自分たちとは血縁関係がない相手と同居するなどして、なんとか住宅費を払っているケースも多いそうです。

研究チームは今後も住宅費の上昇傾向が持続するとみており、ますます核家族世帯は減少し、血縁関係のない相手や親と同居する世帯が増加するなど、世帯構成が多様化していくと予想しています。この傾向は、やがて新たに建造される住宅にも反映され、ホームシェアリングに適した住宅などが増加する可能性があるとのことです。


結婚せずに親と同居する若者がアメリカで大幅に増加しているという指摘

米国の若者「恋人より親と同居」が増加 理由は不況以外にも

アメリカで「一人暮らしができない若者」、急増の理由

5cd


https://finance.yahoo.com/news/men-living-parents-millennials-180325057.html
以下海外の反応↓






・これはそんなに驚くことではないだろ。
物価が高騰し続けているのに賃金はそこまで上がってないんだからさ。
そりゃ家族で一緒に暮らすような流れになるのは当然のことだよ。




・昔は工場で働けば家族を普通に養っていける時代だったからな。
しかし今じゃ自分一人の生活でもギリギリの時代だもんな。




・給料が安いのに住宅価格が高すぎるんだよ!




・若者が両親と一緒に暮らさなければならない理由は、賃金の上昇が物価の上昇に追いついていないからだ。
ちなみに私の父親は1970年代にはボイラー技士として一時間30ドル程貰ってた。
ちなみにこの仕事は今でも一時間32ドルくらいしか貰えない。当時とほとんど変わってないんだよ。
しかし物価は当時と比べると5倍近くあがっているはずだ。




・お金を節約して貯める為に親と一緒に暮らすのはアリだと思うけどな。
自分は家を買う為に学校卒業後に何年も実家で暮らしてたよ。
それで今では実家の近くに家を買って暮らしてる。




・お金を貯めるのが目的で実家暮らしを選ぶなら良いと思う。
しかし自宅で1日中ゲームをプレイする為なら出て行くべきだ。




・大学を卒業したのは良いけど、自分の暮らしている地域だと低賃金の仕事しかないんだよな・・・




・学校卒業して仕事をしてるけど、まだ両親と一緒に暮らしてるよ。
一人暮らしするにも、私が暮らすエリアは家賃が高すぎてとても無理なんだよ・・・




・時代が変わったんだよ。
今はLAのような場所は賃料が高騰し家の価格は恐ろしいことになってる。
これはお金を節約する為には仕方のないことだと思う。




・世界を旅して分かったけど、世界では子供が親と暮らすのは普通のことだというのを知ったよ。




・イタリアとかじゃ結婚するまで両親と一緒に暮らすのは当たり前だぞ。




・私は自分の子供が実家で暮らすことを選んでも全然OKだけどね。
もちろん自分の将来の為に一生懸命仕事を頑張るならだけど。




・実家で暮らす理由など様々だろ。
中には両親の方が金銭的に苦しんでいて、子供に金を入れて貰わないと厳しいという家庭もあるだろうし、中には親を老人ホームに入れるのではなく、一緒に暮らして面倒を見ている人だっているんだからさ。




・私は現在仕事を休職中で癌と闘病をしている。
そして息子には家のことを手伝って貰っているよ。
生活費は息子と折半してる、正直部屋も余ってるし息子が一緒に暮らすことは全然気にならないけどね。




・私は両親の言われるままに大学に行ったけど、少し後悔してるよ。
両親の言われた通りに大学を出て職に就いたけど、全然好きではない仕事をして働いている状態だ。
今は実家を出て暮らしてるけど、金銭的にはかなり苦しい状況で、家賃、光熱費、食事代、電話代を払って学生ローンの支払いをしたら、全然お金は残らない。正直車を所有する余裕すらないよ。
学生ローンの借金はまだ4万8千ドルも残ってる。
私が言いたいことは、両親の言われるままに人生を決めるのはやめた方が良いってことだ。
そうしないと私のように好きでもない仕事をすることになり、お金も全然ない生活をすることになるかも知れないからね。




・自分は2000年に大学を卒業し、学生ローンの借金1万3千ドルを8年掛かって完済したよ。
自分の頃はまだ大学に掛かる金は今よりもずっと安かったんだよ。
正直自分が今18歳だったら、大学には行こうと思わないだろうね。
だって10年以上にも渡って毎月3万円以上の学生ローンを支払いたくないからだ。




・昔は大学に通いながら働いて授業料を払うことも頑張れば可能だった。
しかし現在ではこれは不可能になっちゃってるんだよな。




・私が若い頃は学生ローンも低金利だったけど、今じゃ9%とか10%だからな。
まぁこれが資本主義の現実なんだろうな。




おすすめ記事↓

世界で大人気!タイニーハウスとは!? 大金を出して家を買う時代は終わった!? 海外の反応。

アメリカで仕事もせずゲームばかりする若者が急増中! 海外の反応。

世界中で「ひきこもり」が急増してることが判明! 海外の反応。

海外メディアが日本の「ひきこもり」を特集! 世界からコメント殺到! 海外の反応。

なぜアメリカ人は全く貯金をしないのか!? 海外の反応。

アメリカ人の大半が貯金がなく、老後破産寸前だということが判明! 海外の反応。

アメリカで家賃が高騰し過ぎて、フルタイムで働いても払えない人が続出! 海外の反応。

アメリカのニート、両親と裁判までやって家を追い出されるw 海外の反応。

アメリカのニートが家を追い出される日の動画が話題にw 海外の反応。

香港の貧困層の家が押し入れだった・・・ 海外の反応。

日本の新人アニメーターの給料は月5万円って本当!? 海外の反応。

外国人「日本のN-BOXという軽自動車が素晴らしすぎる!」 海外の反応。

外国人「吉野家、松屋、すき家、どこの牛丼が一番美味しいの?」 海外の反応。

ルーニー氏「ハゲは400万円使っても治りません!」 海外の反応。

日本の「さきいか」が海外で話題に! 海外の反応。


ブログランキング参加してます。もし宜しかったら応援して貰えるとブログ更新の励みになります^^


banner





(皆様のコメントお待ちしております^^ ※ヘイトスピーチなどに該当するコメントはライブドアの方で自動的に削除されてしまう場合があります。ご迷惑お掛けしますがご了承ください。
『※このコメントは削除されました。』と表示された場合、それは管理人による削除ではなく、ライブドアブログ側での削除になります。)