アメリカでピンポンダッシュをした少年ら3人が死亡する事件が発生!

ピンポンダッシュをされた家の男が激怒し車で体当たりか!?

海外「なんでこんなことに・・・」
FM
 
アメリカでピンポンダッシュをした少年3人が死亡するという事件が発生!

米でピンポンダッシュをされた男が激怒 車で車に激突し少年3人死なす

FM


 他人の家の呼び鈴を鳴らして、そのまま逃げるいたずら行為「ピンポンダッシュ」。子供の頃に経験した人も多いであろう。海外には、このいたずらをしたことで、命を落とした若者がいる。
 海外ニュースサイト『Fox 10』および『The Mercury News』は、42歳の男が車で少年らの乗った車に体当たりして、少年らを死傷させたとして逮捕されたと1月24日までに報じた。

 記事によると、1月19日夜、アメリカ・カリフォルニア州に住む少年ら6人(13歳2人、16歳3人、18歳1人)は、誕生日のお泊まり会をするために集まったという。18歳の運転する車に乗り込み、とある友人の家に寄って、ピンポンダッシュのいたずらをすることにしたそうだ。少年らは家に立ち寄り呼び鈴を鳴らし、車に乗り込んで逃げたという。しかし、その家は友人の家ではなかった。怒り狂った男が出てきて、車に乗り込み、少年らの車を追いかけたという。

 男の運転する車は、少年らの車に追突。サイドからも激しく体当たりしたそうだ。制御を失った少年らの車は道路を外れ、木に激突して停止したという。この事故により、16歳の少年3人が死亡。13歳の2人と18歳の運転手は病院に搬送されて、一命を取り留めたという。男は現場から逃走。事故を目撃した人が、男を追いかけて、警察に知らせたという。間もなく警察が到着し、男は逮捕されたそうだ。警察は、当て逃げから殺人に容疑を切り替えて、捜査を進めているという。

 このニュースが世界に広がると、ネット上では「男の怒りはわかるが、これはやり過ぎ」「たかが子供のいたずら。ピンポンダッシュ程度でこんなに怒るとは!薬やってたか?」「少年らを追いかけて、危害を加えるとは常軌を逸している」「お泊まり会とはいえ、夜遅くに他人の家でいたずらする子供も悪い」「運転した少年も焦ってハンドル操作を誤った?」などの声が挙がった。

 他にも、ピンポンダッシュをしたことで、命を落としかけた人がいる。

 海外ニュースサイト『Washington Times』および『CBS News』は、米オクラホマ州でピンポンダッシュされたことに腹を立てた男が、当時14歳の少年を銃で撃ったと2016年1月に報じた。同記事によると、2016年1月1日深夜、少年は友人2人とともに、自宅周辺でピンポンダッシュをして遊んでいたという。一通りいたずらを終えて、自宅に帰る途中、お隣さんである男の家の前を通過したところ、男が銃を持って出てきたそうだ。男は「おい」と少年らに声をかけると同時に発砲したという。銃は少年の背中と腕に命中。銃弾は少年の肝臓を貫通していたが、少年は病院に搬送され、一命を取り留めたという。友人2人は逃げて無事であった。少年は撃たれた直後に警察に通報。男も「不法侵入者」がいると警察に通報していたそうだ。

 警察通報時の両者の主張は食い違っており、男は少年を撃った理由を、「少年らが男の自宅に不法侵入しようとした。裏口にも来ていた。少年の1人が銃を持っていると思ったから」と警察に話している。男はすぐには逮捕されなかったようだが、後日逮捕され、保釈金を払って釈放されたそうだ。男は凶器使用による暴行罪で起訴される見込みだと報じられた。

 子供のいたずらにはイライラさせられることも多いが、判断力が低く未熟な考えの上の行動なことがほとんどだ。冷静さを失い、行き過ぎた仕返しをすると、取り返しのつかないことになる。

記事内の引用について
3 teens killed after game of ding-dong-ditch turns deadly, victim's mother says(Fox 10より)
https://www.fox10phoenix.com/news/3-teens-killed-after-game-of-ding-dong-ditch-turns-deadly-victims-mother-says
Three California teens killed in car-ramming crash after ‘Ding Dong Ditch’ prank were ‘inseparable’ (The Mercury Newsより)
https://www.mercurynews.com/2020/01/23/three-teens-killed-in-temescal-valley-crash-were-inseparable/
Oklahoma teen, 14, shot in the back while 'ding-dong-ditching'(Washington Timesより)
https://www.washingtontimes.com/news/2016/jan/2/cole-peyton-oklahoma-teen-shot-in-the-back-while-d/
911 calls released in "ding dong ditch" shooting(CBS Newsより)
https://www.cbsnews.com/news/911-calls-released-in-ding-dong-ditch-shooting/



米でピンポンダッシュをされた男が激怒 車で車に激突し少年3人死なす

少年達の乗っていた車の写真↓

200122-hit-run-carona


5868618_012120-kabc-


犯人の男↓

Anurag-Chandra


動画

https://www.youtube.com/watch?v=6BB64Q8T9ts
以下海外の反応↓





・この事件、マジかよ・・・




・『ピンポンダッシュで3人死亡』
俺はこのニュースのタイトルを見た瞬間、どういうことなのか全く理解できなかったよ。




・ピンポンダッシュがこんなに恐ろしいイタズラだったなんて・・・




・こんな誰もが子供の頃にやったことのあるイタズラで3人も死んでしまうなんて最悪の事件が起きてしまった。




・まさかこんなことになるなんて、少年たちも思ってなかっただろうな。




・こんなことになるなんて誰も予想できないよ。




・ピンポンダッシュで死ぬなんて誰も思わないだろ。
これは本当に運が悪かっただけだ。




・しかしピンポンダッシュされただけで3人も殺すか普通?




・この男はどんだけイラついてたんだよ。




・これはどう考えてもやりすぎだよな。




・追いかけていった男も殺すつもりはなかったのかも知れないけどな。




・この男は不眠症か何かだったのか?




・たしかに不眠症でようやく眠れそうって時にこれをされたら大激怒するだろうな。




・ここまでやるのは精神異常者の可能性もあるけどな。




・この少年達はとんでもない奴の家でピンポンダッシュをしてしまったんだな。
運の悪さを呪うしかないな。




・よりにもよって最悪の家にピンポンダッシュしちまうなんてな。




・ピンポンダッシュされただけで3人も殺して刑務所に入るって、とんでもない馬鹿だろ。




・ピンポンダッシュをやっちゃダメな理由がこれだよ。




・全米の学校でピンポンダッシュ禁止令が発令されるだろうな。




・俺はピンポンダッシュするのが大好きだったけど、もう二度とやらないことにするよ。




・見知らぬ人にイタズラをするのは避けた方がいい。
このように激高するタイプの人間もいるからだ。




・これは映画化決定だな。
映画のタイトルは「ピンポンダッシュ」だ。




・少年達「ピンポンダッシュやろうぜ!」
  男 「死のピンポンゲームの開始だ!」




・俺はこの男がエホバの証人の人間を一体何人殺したのか想像できないね。




・↑(笑)





おすすめ記事↓



アメリカの変態、他人の家のベルを3時間も舐め続けて逮捕されるw 海外の反応。

アメリカの変態、全裸で局部に電極を装着しながら車を運転して逮捕されるw 海外の反応。

アメリカの変態、スーパーで「ぬいぐるみ」と愛し合い逮捕されるw

サムスン、アメリカの民家に衛星を落下させたことが判明! 海外の反応。

アメリカのお爺さん、侵入者を射殺後に二度寝してしまい殺人罪に! 海外の反応。

アメリカの警官、公道で女性の局部と肛門を無理矢理調べて大炎上! 海外の反応。 

日本のホームレス「日本は安全な国です。しかし私は指を切断されました!」 海外の反応。

アメリカの学校「ハリー・ポッターは悪魔の書だから図書館から排除します!」

BBC「日本は外国人労働者を搾取している!」 海外の反応。

レッドブル、虚偽広告で世界中の人から訴えられるw 海外の反応。

韓国外相、中国に泣きつくも、中国から拒絶されるw

なぜ日本の女性はミニスカートが大好きなの!? 海外の反応。


ブログランキング参加してます。もし宜しかったら応援して貰えるとブログ更新の励みになります^^


banner





(皆様のコメントお待ちしております^^ ※ヘイトスピーチなどに該当するコメントはライブドアの方で自動的に削除されてしまう場合があります。ご迷惑お掛けしますがご了承ください。
『※このコメントは削除されました。』と表示された場合、それは管理人による削除ではなく、ライブドアブログ側での削除になります。)