コストコのホットドッグがずっと激安で売られている理由に世界から驚きの声!

その理由は値上げをしたら創業者に殺されるからだった!

コストコCEO(創業者)「もしホットドッグの値上げをしたら、私はそいつを殺す!」
GEKIYASU

 
コストコのホットドッグがずっと激安で売られている理由は、値上げしたら殺されるからだった!?

コストコのホットドッグが安すぎるワケ

299


 会員になれば食品や家電、衣類などあらゆる商品がお手頃価格で手に入ることから、日本でも大人気の会員制ウェアハウス・クラブのコストコ(Costco)。新型コロナウイルスのパンデミックの影響で買い置きやまとめ買いをする人が増え、各国で同店の需要がより一層高まっており、とくにピザやソフトクリームといった安くて美味しいメニューが売りのフードコートは、つねに大にぎわいとなっている。

 そんなコストコのフードコートで不動の人気を誇る商品といえば、やはりホットドッグ。食べ応え十分なビッグサイズのホットドッグが180円という超低価格で楽しめるだけでなく、なんと無限でおかわりできるソフトドリンクまでついてくる太っ腹ぶり。本場アメリカのコストコでも同じ条件で1.50ドルで売られているが、コストコが誕生した1980年代から一度も値上げされたことがないというから、さらに驚く。

あそこまで低価格だとほとんど利益がないように思えるが、なぜコストコのホットドッグは激安なのか? そこにはコストコの創業者であるジム・シネガル氏の強い意思と、“穏やかじゃない裏事情”があった。

 コストコの現在のCEO、クレイグ・ジェリネック氏が過去に米425 Businessに明かした話によると、シネガル氏はホットドッグを低価格で販売することに並々ならぬ熱意を持っていたそうで、まだシネガル氏がCEOだった頃に一度、ホットドッグの値上げを提案したところ、「あのホットドッグを値上げしたら、私はお前を殺す。なんとかしろ!」と半ば脅しのようなお叱りを受けてしまったという。

 「殺す」とは穏やかではないが、シネガル氏にとってコストコのホットドッグはとても神聖なものであると同時に、「1.50ドルのホットドッグ」がコストコのの生命線だと考えていたようで、2009年に米The Seattle Timesのインタビューで「コストコのホットドッグの値上げは、あなたにとって何を意味しますか?」と聞かれた同氏は、「それは私が死んだということ。コストコといえばあの(1.5ドルの)ホットドッグだ。それだけは変えちゃいけない」と答えている。

 ジェリネック氏はそんなシネガル氏の意志を受け継ぎ、アメリカ国内にコストコのプライベートブランド「カークランドシグネチャー」のホットドッグ工場を建設し、生産コストを削減することで、1.50ドルという低価格での販売を継続させることに成功。それでも利益と呼べる利益はほとんどないようで、コストコの従業員が米Popsugarに明かした話によると、ホットドッグのコンボ、1セットにつき儲けはたったの0.08ドルだとか。(フロントロウ編集部)


コストコのホットドッグ、激安の「裏事情」が穏やかじゃない…


コストコ社員クレイグ・ジェリネック氏「社長、ホットドッグを値上げしてもっと儲けましょう!」

Craig-Jelinek



創業者ジム・シネガル氏「値上げだと?お前ふざけてるのか?値上げしたら貴様を殺すぞ!」

20JIM



コストコ社員クレイグ・ジェリネック氏「申し訳ありません、値上げは絶対にしません!」

5c8a


https://www.reddit.com/r/todayilearned/comments/ix1tqx/til_costcos_hot_dog_has_remained_150_since_it_was/
https://www.youtube.com/watch?v=x0NRuUySGkg
以下海外の反応↓




・値上げしたら殺すって脅迫じゃないか(笑)




・これはパワハラじゃないのか?




・創業者も本当に殺すつもりはなかったはずだ。
これは絶対に値上げしてはならないという創業者の表現方法だったのだろう。




・コストコはホットドッグ販売ではお金を稼げてないけど、それ以外の部分で稼ぐやり方をとってるんだよ。
それがコストコのやり方だ。
彼らは何の意味もなく激安で売ってる訳じゃないんだよ。




・↑ロスリーダー戦略だよな。

(ロスリーダーとはマーケティング用語の一つ。
集客を目的として特定の商品を、採算を度外視した価格で販売する作戦。
その特定商品の売上では赤字になろうとも、来客者に他の商品も伴わせて買わせることで儲けを出すという戦略。)




・自分も昔レストランのコンサルタントをやってたけど飲食店で成功する方法の一つがこの戦略なんだよ。飲食店では特定の商品で損を出してでもドリンクメニュなどで売り上げを増やすことが大事ということだ。
実は全ての商品で利益を上げようとする店は失敗する可能性が高くなる。
少数のお客さんにそこそこの値段の物を売って儲けるよりも、激安メニューを置いてでもお客さんの数を2倍にして高価なワインを注文してくれる可能性を高めた方が儲かるんだよね。




・コストコで僅か5ドルで売られている「ロティサリーチキン」もその戦略だよな。

(海外のコストコでは4.99ドルで売られている鶏の丸焼き↓)

image





・私はこの戦略に完全に引っ掛っている人間の一人だよ。
定期的にコストコのホットドッグが食べたくなるんだからね。




・私もこの1.50ドルのコストコのホットドッグが大好きだ。
そもそも私が最初にコストコに行ってみようと思った理由が、この激安のホットドッグを食べてみたかったからなんだよ。
そして現在の私はこの1.50ドルのホットドッグを食べてしまったが為に、コストコ生活に完全に巻き込まれてしまった・・・




・IKEAのフードコートも同じ作戦をやってるよな。




・コストコには行ったことがないけど、私の地域のIKEAには僅か1ドルで買えるホットドッグが売ってるよ。




・↑IKEAのホットドッグは安いけど牛肉に鶏肉を混ぜているんだよ。
でもコストコは牛肉100%のホットドッグを提供している。




・ちなみにカナダでは当初このホットドッグの値段は2.50カナダドルだったんだよ。
でもアメリカ人観光客がその値段の高さに不満を言う手紙を書いて送ったんだ。
そのおかげで現在カナダのコストコでもホットドッグは1.50カナダドルで販売されるようになった。1.50カナダドルはアメリカドルに換算すると僅か90セントだ。
だから私達カナダ人は超激安価格でこのホットドッグを購入出来てるってことだ
正直アメリカ人が私達のためにやってくれ中で最も最高のことがこれだと思ってるよ。




・コストコがホットドッグの値上げをしないのは正しいよ。
だってもし1.50ドルでホットドッグとソーダが買えなくなったら、怒り狂った襲撃者がやって来てコストコを焼き尽くす可能性もあるからね。
ちゃんとコストコの利益にも繋がってるんだよ。




・コストコは買い物客から会員費もとってるからな。
正直こういうお得感がある物がなくなったら、コストコに行く価値はなくなってしまうだろう。




・コストコは会費だけでもかなりの大金を稼いでいるからね。
だからいくつかの商品で損を出してでも販売する余裕があるんだよ。




・実はこの話その物が彼らの作戦なんだよ。
このストーリーがニュースになることで、人々はコストコには1.50ドルで食べられる激安ホットドッグがあると知ることになるんだからね。




・コストコはホットドッグをこの価格で販売しても全然損なんて出してないよ。
だって私は1.50ドルのホットドッグを食べに行って、結局そこでトイレットペーパー、紙皿、トルティーヤチップスなどを爆買いして300ドル(3万円以上)は使ってるんだからね。




・私もコストコに行くけど、歩き回って5ガロンのマヨネーズとか見つけて「でもこんな量のマヨネーズ買ってもしょうがないわ」とか思っちゃって、結局何も買い物しないでホットドッグだけ食べて帰ってくることもあるよ。




・コストコのメンバーシップをやめられない理由がこのホットドッグがあるからなんだよね。





おすすめ記事↓

なぜ世界最大のスーパー「ウォルマート」は日本で失敗したのか!? 海外の反応。

アメリカのCMが日本の影響を受け過ぎだと話題に! 海外の反応。

日本のカロリーメイトを大絶賛する海外の人達。 海外の反応。

日本人がアメリカの大男を倒す動画が話題に! 海外の反応。

外国人「日本のアニメに出てきたチンピラ外国人が酷い(笑)」 海外の反応。

刀で魚を捕った外国人に世界から野蛮だとの声が殺到! 海外の反応。

外国人「日本のキッチンが想像以上に素晴らしかった!」 海外の反応。

外国人も大絶賛する日本の最新モデルハウス! 海外の反応。

ロシア人の荷物の降ろし方が酷過ぎると話題に(笑) 海外の反応。

イギリス「生卵を食べることを許可します!」 イギリスで生卵を食べることが可能に!? 海外の反応。

有名ブランドの20万円のセーターが酷すぎる・・・ 海外の反応。

ウガンダの映画が適当過ぎると話題に! 海外の反応。


ブログランキング参加してます。もし宜しかったら応援して貰えるとブログ更新の励みになります^^


banner





(皆様のコメントお待ちしております^^ ※ヘイトスピーチなどに該当するコメントはライブドアの方で自動的に削除されてしまう場合があります。ご迷惑お掛けしますがご了承ください。
『※このコメントは削除されました。』と表示された場合、それは管理人による削除ではなく、ライブドアブログ側での削除になります。)