戦争で精神や神経を衰弱させてしまった人達の映像をまとめた動画に世界から驚きの声。


海外「人間って戦争の恐怖でこんな状態になっちゃうのかよ・・・」
WW
 
戦争に行ったせいで重度の精神崩壊や神経衰弱になってしまった人達の映像が海外で話題に。

過酷な戦争によるストレスから発症する病『シェルショック』とは!?

WW


『シェルショック』とは戦場で高いストレス環境に晒されたことで発症する心因性疾患のこと。
別名「戦場ノイローゼ」「戦闘疲労」などとも言われていて医学的には「心的外傷後ストレス障害(PTSD)」に分類されるそうです。

多くの人達は一定期間安静にすることで社会復帰できるまでに回復するそうですが、中には長期間に渡り回復することができない人もいるそうです。
極度の重症者は脳機能に永続的なダメージを負っていて、人間としての基本的行動力を一生取り戻せなかった事例もあるそうです。

という訳で今日は戦争に行ったことでそんな『シェルショック』を発症してしまった人達の映像と、その映像を見た海外の人達の反応を紹介したいと思います。



動画↓

https://www.youtube.com/watch?v=S7Jll9_EiyA



https://www.youtube.com/watch?v=q388Ll1YYwA



https://www.youtube.com/watch?v=IBfOnJplbrE



https://www.youtube.com/watch?v=SS1dO0JC2EE
以下海外の反応↓





・これはあまりにも可哀想だわ・・・




・シェルショックってPTSDと同じようなものなの?




・これはPTSDよりも症状が重いと思う。




・これって元々精神に問題のある人達で、戦争に行って悪化したとかじゃないの?




・どうして彼らは痙攣するように体が震えたりするのか?
彼らがPTSDに陥ってるのは分かるけど、なぜそのような反応が出ているのかが分からないんだが。




・↑戦場で何日間にも渡り激しい砲撃が続いていた状況を想像してみなよ。
それもその砲撃が何度も自分の近くに落ちるような状況をね。
そんな状況に長く晒されていたら、神経は消耗してこのようになってしまうこともあるんだろう。




・人間の精神って簡単に壊れてしまうんだな。




・人間の体ってとてつもない恐怖に耐えられるようにはできてないんだね。




・こんなことになってしまうなんて、彼らは一体どれ程の恐怖を味わったのだろうか・・・




・映像を見てたら泣けてきたよ。
彼らがどれだけの恐怖を体験したのかは想像もできないからだ。




・せっかく戦争が終わって帰って来たのにこんな体になってしまったんじゃ、戦地で死んだ方がマシだったかもな。




・これって治るの?




・これって脳に問題が起きてるのでは?
戦場で使われた毒ガスの影響なのでは・・・




・この映像の人達は至近距離での爆弾が爆発したことで脳が損傷した人達なのでは?




・悲しい話だけど当時はこの症状になった人達は臆病者と馬鹿にされてたんだよ。
こんな体になってしまったのに臆病者扱いされてたなんて酷い話だよな。




・なぜ最近の軍人はこのような状態にならないのか?




・↑なってる人もいるよ。
でもここまでの症状になる人は少ないけどね。
なぜなら最近は昔と違って激しい戦闘地域に長期間いるようなことが少なくなってるからだよ。




・これを見て思ったのは戦争は地獄だってことだな。





おすすめ記事↓

ドイツが1940年に製造したモンスター兵器「グスタフ&ドーラ」についての海外の反応。

第二次世界大戦の死亡者数が凄すぎる・・・ 海外の反応。

第二次世界大戦「枢軸が勝ってた方が平和になってた?」 海外の反応。

なぜ外国人は日本でアパートを借りるのが難しいのか!? 海外の反応。

外国人が作ったヤンデレの実写動画が凄いことになってたw 海外の反応。

電子タバコの危険性、世界中で死にかける人達が急増か!? 海外の反応。

外国人「なんで日本ではタトゥーしてたら温泉やプールに入れないの!?」 海外の反応。

日本人はドイツのことをどう思ってるのか!? 海外の反応。

日本の51歳の漫画家が20歳の有名コスプレイヤーと結婚! 海外でも話題に! 海外の反応。

ユーチューバーのエリックさんがTV出演した時の映像が話題にw 海外の反応


ブログランキング参加してます。もし宜しかったら応援して貰えるとブログ更新の励みになります^^


banner




(皆様のコメントお待ちしております^^ ※ヘイトスピーチなどに該当するコメントはライブドアの方で自動的に削除されてしまう場合があります。ご迷惑お掛けしますがご了承ください。
『※このコメントは削除されました。』と表示された場合、それは管理人による削除ではなく、ライブドアブログ側での削除になります。)