バイデン大統領が立て続けに失言、マクロン大統領やメルケル前首相を死んだ人と言い間違えてしまう


海外「本当に大丈夫なのか彼は・・・」
imgo9

 
バイデン大統領の失言に世界から驚きの声!

20240209ppp


バイデン大統領がフランスのマクロン大統領やメルケル前首相のことを、亡くなった故人と混同して間違えてしまう発言を立て続けにして騒動になっています。

今月4日にもフランスのマクロン大統領を「ミッテラン大統領(1996年に死去)」と混同したバイデン氏ですが、今度はドイツのメルケル前首相のことを「コール首相(2017年に死去)」と言い間違えてしまったそうです。
ヨーロッパの首脳を連続して故人と間違える失態に不安の声が多数寄せられているようです。


バイデン氏がまた言い間違え、今度はメルケル氏を故人と混同

フランス・ドイツ首脳の氏名を立て続けに言い間違い…大丈夫?バイデン大統領81歳の“高齢”不安強まる

仏大統領は「ミッテラン」 バイデン氏、また失言

「ハマス」思い出せず…28年前に死去の「ミッテラン」に会ったというバイデン大統領

ホワイトハウス報道官はバイデン氏の失言を「誰にでもあることです!」と擁護


https://www.youtube.com/watch?v=4fDrxXBIX1w
https://www.youtube.com/watch?v=W_Zh1NLpMpE

以下海外の反応↓




・まぁ皆もこのくらいの間違いはするよね?




・↑(笑)




・トランプはここまでの言い間違いをしたことはなかったように思うけど・・・




・言い間違いは誰にでもあることだけど、死んだ人と勘違いしたり死んだ人がまだ生きているかのように言及するのは問題だ。
バイデンは最近の2年間だけでもそのような発言を何度も繰り返している。




・バイデンはマクロン大統領とミッテラン元大統領を間違えたそうだが、ミッテラン元大統領はもう30年くらい前に死んでるんだが。




・↑正確には28年前だね。




・誰もがこんな言い間違いをすると言うなら、我々も全員認知症ってことになってしまうぞ。




・バイデン大統領は失言があまりにも多過ぎるよね。




・間違いは誰にでもある。
だがバイデンはその頻度が極めて高いのが問題なんだよ。




・これは確かに認知症の兆候のような気がする。
長期記憶はしっかりしてるようだけど、短期記憶に障害が発生しているようだ。




・バイデンは今度はメローニ首相(現在の大統領)とベルルスコーニ元首相を混同して言い間違えるかもね。

(メローニ首相↓)
555rrr





・↑バイデンはもっと酷いことにムッソリーニと間違える可能性もあるぞ。




・もうじきバイデンはヒトラーと知り合いだったと言い始めるだろう。




・バイデンは亡くなった人と会話する能力を持ってるんだよ。




・この世界は狂って来てるね。
今度の大統領選は認知症のバイデンかそれともトランプかを決めるなんて。




・アメリカにもっとまともな大統領候補はいないのか?
なぜ2人の高齢者の中から選ばないといけないのか。






おすすめ記事↓

バイデン氏、大統領令に署名しに来て署名を忘れる大失態(笑) 海外の反応。

バイデン大統領、変質者をエネルギー省の副次官補に任命してしまう!

バイデン大統領が任命した変質者が窃盗の容疑で逮捕されクビになっていた! 海外の反応。


バイデン大統領『もうウンザリだ!なぜこの国は銃乱射事件ばかり起きる?』 海外の反応。

バイデン氏、移民殺到に困り果て『来るな!』と言い始めてしまうw 海外の反応。

バイデン大統領、やはり認知症か!? 既に亡くなった議員を会議中に探して波紋を呼ぶ。 海外の反応。

バイデン大統領、謎の行動に認知症疑惑が浮上! 海外の反応。

アメリカの庶民はチップを払えないほど貧しくなってる!? 海外の反応。

アメリカ経済は最悪の状況か!? 庶民は貯金がなく借金だらけになってる!? 海外の反応。

【海外】顔にタトゥーを入れたら皆から迫害されるようになった・・・ 海外の反応。

料理が素晴らしい国ランキング、日本は世界4位にランクイン! 海外の反応。

外国人「皆シャワーはどのくらいの頻度で浴びてるの?」 海外の反応。

米大学の総長、卒業式でアジア人を馬鹿にして大炎上! 海外の反応。


ブログランキング参加してます。もし宜しかったら応援して貰えるとブログ更新の励みになります^^


banner


(皆様のコメントお待ちしております^^ ※ヘイトスピーチなどに該当するコメントはライブドアの方で自動的に削除されてしまう場合があります。ご迷惑お掛けしますがご了承ください。
『※このコメントは削除されました。』と表示された場合、それは管理人による削除ではなく、ライブドアブログ側での削除になります。)