zztop225のblog

http://touchu-kasou.jp/

営業販売ほど難しい仕事はありません。そういう人相手の仕事で人間は磨かれますので、嫌がらずに何年かやる方がいい。宣伝部、社長室、総務課、人事課で人は育ちません。大卒は全員が幹部候補です、と言われて入社します。その通りですが、まず厳しい営業でふるいに落とします。東大、京大、阪大クラスは辞められると困るので数年は営業はさせません。東大以外はいつかは営業をすることになります。これは生産、経理は少し頭がよければできるしプロになれますが、販売の最前線を経験しないとマーケティングもクソもない。役員の多くが経理畑出身の会社は倒産します。経験がないと最前線の話を聞いても正しい判断ができず、経営判断を誤ることになります。今大企業でも倒産したり危なくなったりしているのは、販売を知る役員がいないからです。販売出身の叩き上げの人を軽く見る風潮はあり、あまり出世はしません。私がいた会社では支店は地方競馬、そこで勝ち上がった者が本社でG1レースをするという風でした。私は6年間大阪店で営業をし本社へ転勤しました。そこで得たものは多く、商売の勘、交渉力、情報を生かすタイミング、要は駆け引きがうまくなりました。立て板に水で喋る人が営業に向いていると採用する会社は馬鹿な会社です。自社製品の優位性を言うのに5分かかりません。バナナを八百屋に売る人は必要ではない。バナナの叩き売りをバナナを男根に見立て下ネタで笑わせながら売るような人が営業でいい成績を上げる者です。営業は皆ブラックだし綺麗事ではすみません。その経験は先々生きてきますので
綺麗事を言わずに我慢した方が良いでしょう。br_c_1385_1 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

今は結婚しない男女が多いと言いますが、私の周りを見ると40歳独身の男性はいますが40歳独身の女性は稀でブスしかいません。3、4、5の女性たちは結婚して子供を作っています。見た目だけで判断すると間違えます。ダイヤグラムを作ることをお勧めします。顔、乳、けつ、年齢、性格、親の6点を5段階評価して女性を立体的に見ます。親のポイントは職業と母親がどうであるか、です。加齢とともにいろんな点で母親に似てきます。子作りをするのですから、顔は自分の合格点に達しないと厳しい。女性のいくまで、いく時の顔が最も美しいと言われますので、これが見るに耐えないようであればHは無理となります。いい乳であればいい乳割り増し、いいケツであればいいケツ割りまし、年上であれば高齢割引と考えます。何と無礼な!と女性は思うでしょうが、Hは結婚において重要な要素であり、本当の離婚原因は性格の不一致ではなく性の不一致です。結婚生活では色々な問題が生じますが、定期的にHしていれば離婚ということにはなりません。非正規雇用などで給料が安いから、という理由は逆です。給料の安い二人だからこそ結婚すれば、家賃、電気ガス水道代、食費が1本化され可処分所得は増える。明治時代、皆等しく貧しかったからこそ純愛があった。それは今も言えるのではないでしょうか。お付き合いになるまでについては2つだけ有効なものを紹介します。1、踏み台方式:誰でもいいから断られにくい女性を彼女にします。すると妙にモテ始め自分が選ぶ立場になります。2、待ち伏せ:これが出来ないようでは良い結婚は無理です。女性には25、30、40の崖があります。誰も相手にしなくなるbr_c_1385_1のはあっと言う間です。キムタクのような男と結婚したい?あなたは工藤静香か!と男は思っています。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

東京、大阪などに本社のある大企業の人事担当者は出来るだけ全国から人を集めたがります。今は地方から東京の大学にやれる親はいません。しかし勉強のよく出来る子に対してはローンを組んででも良い学歴を、と願います。自慢の息子はその後大企業に入り、親は大変喜びます。東京近郊の人も雇用しますが、そう言う人達ばかりでは弱い組織になることを人事部は知っています。地方出身者の特徴は上長の言うことを素直に聞く良い戦闘要員となる、と言うものです。戦時中も東京、大阪の師団は弱く勝つことがなかった。地方出身者はいかに東京の大学にいたと言っても、地の利のある東京出身者には負けるところが多い。遊ぶところも知らないし知り合いもいないし、就職すると会社の色に染まりやすい。 東京近郊の人は仕事に燃えて燃え尽きたら大変だ、と言うスタンスで仕事に本気モードを出さず要領よく立ち回ります。片親とは母一人子一人のことを指します。両親がいる人より親孝行で、仕事が出来るかどうかは別にして、少なくとも悪いことはしません。経理などに配属されることが多い。悪い遊びを覚えることもなく真面目です。母一人で大学にやれるのは、父親が警察官、消防士、その他の公務員で殉職したなどの場合、恩給みたいな金が長く続くからのようです。もちろん母親も働いていますが、それほど恩を感じる必要は本当はありません。「母ちゃん、出世するけんね」と東京へ行き大企業に入る、思い込みが強いようです。しかし本当に出世して役員になったりすると、母の老後の面倒が見れなくなると言う逆説的な事態になります。葬儀の時の花輪の数が出世の証です。東京の人は「そんな名誉はどうでもええよ」とスマートに「サラリーマンは使い捨てだからヨ」と嘯きながら生きて行きます。br_c_1385_1 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

今は公務員が全ての会社を上回って1番なりたい職業です。これについてはコメンテーターが言う理由は安定しているからです。私は安定的であることともう一つ理由があると思います。それはむやみにテンションを上げるのが嫌な人が多いと言う事です。民間はまず”元気”がなければいけません。ロジカルよりメンタルが重視されます。声が大きい方が勝つ世界です。そう言うことは親も自分も知っており、おとなしい人であれば親のコネで公務員に、と言う選択をします。公務員といってもいろいろです。同級生が慶応を出て市役所に入職しゴミ処理場に勤務となりました。公務員になると言うことは戦いをしないと言う選択です。果たして一生戦わずに生きていけるでしょうか?必ずしも大人しくなくても無理に元気を出すのが嫌な人は公務員になります。無理にワオーとならなくてもいいですが、問題は警察官、自衛隊、県庁、市役所どれも星一つ上の人の命令は絶対聞かねばならないことです。県庁、市役所は入社年次が上の人ということになります。 企業では「課長、それは違いますよ」位言ってもどうということはありません。公務員にはそれができません。男性の場合コネが殆ど、というかコネなしの人は出世はせず、有力なコネ入社の人が出世して行きます。これといったスキルも身に付かず、死んだように生きる。仕事は成果報酬ではないので最低限の労力でやる。本省から高圧的なメールが来ると徹夜で会議をし、朝メールを返す。そういう風土の中にいると趣味に生きるしかないな、と思います。高尚な趣味に取り組みますが、それより女、酒、ギャンブルの方が刺激的で、そちらに引っ張られます。知り合いのリフォーム屋が言っていました。br_c_1385_1「ローンが通らないのは警察官、消防士、自衛隊、公務員の順です」と。 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

日本病院会の大道副会長が、「今後生産性のパフォーマンスが悪い病院はすぐに分かるようになる」と発言しました。18年以降病院の医療の生産性の見える化が進みます。次期(18年)診療報酬、介護報酬改定
が相当厳しい内容になることが予想されるので、今厳しい病院は3年以内に消滅する訳です。18年度は
国保都道府県化、診療報酬改定、介護報酬改定と惑星直列する年となります。マイナンバー制度と並行して進む「医療等ID制度」が近々導入され、疾患ごとに医療従事者が何人投入されたか、どのような医療を提供したのかが全て明らかになる時代が来ます。今後最も大事なのは他病院との比較です。国が着目するのは自病院がどれだけ改善したかではなく、他病院と比較してどうかと言うことになります。これは地域医療構想や国保の財政都道府県化など、地域ごとに医療費抑制をが進んでいる流れだからでしょう。S病院は儲けどころがない状態の所が殆どです。入院は3ヶ月単位で回せば儲かりますが、それをやるにはかなりの名医が必要です。通リハも利用者30人以上いないと儲からない。外来は1日100人いてどうか、と言う所です。どこの県の協会も2代目の私立大医学部を出たお坊っちゃまのサロンなので、足並み揃えて
討ち死にということが予想されます。今までが良すぎたのでしょうね。br_c_1385_1時代の流れを敏感に捉えなければ生き延びるのは困難と思います。 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

どの業種、企業に就職しても辛いことはあります。金を稼ぐことがこんなに大変なのか、と誰もが思います。昔、城山三郎が給料は我慢料だと思えと言っていた事を思い出します。旧帝大も早慶もMARCHも金融関係が多い。三菱東京UFJ銀行、日本生命、東京海上日動などが上位を占めています。銀行員になったら預金集めです。友達親戚100人書けと最初に言われます。その人たちに預金してくれと頼み込むことが最初の仕事です。同期入社の獲得預金ランキングが毎月発表されます。生命保険は転勤族を余儀なくされます。3年おきに全国各地を転勤します。これは今は生保レディースが若いし、元々肉食系の女性なので間違いがあってはならぬ、との配慮からです。すぐに支店長になり、生保レディースのケツを叩くのが仕事なので、予算達成できればそれほど辛い仕事ではありません。損保は代理店回りです。これも最初は自分も契約を取る仕事をやりますので少しの間大変です。代理店がいい加減な奴だと腹が立つようです。銀行は融資、外為取引など仕事に幅がありますので先々どう言う仕事に就くかわかりません。他は営業80%
です。金融に就職すると家は建つと言います。メーカーはもの作り、マーケティングと夢がありますが金融は商品がないのでストレスが溜まる度br_c_1385_1合が激しい。ある大手銀行員の男が3、4日休んで職員入り口から入ろうとしました。髪は洗いざらし、トレーナーを着ているので「どちら様ですか?」と女子行員が聞くと、「強盗です」と答えたそうです。その後のことは厳しい銀行の世界、大体わかりますよね。
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

S病院で働く看護婦は准看、正看共にこの人はいい、という人がいません。それを問題視してまあまあの病院は50歳定年とかそこに至るまでに辞めさせるとかして新卒を採用しています。何故かM、MDIの人はしばらくは金に困らないし、良家の姉弟だったりするので看護婦の品のなさに呆れます。金のある家庭の娘は看護婦への道を歩みません。羨ましさもあり家庭でのイライラを患者に発散しています。最初の勤務先が日赤のICUだった、という看護婦は再就職は可能ですが最初からS病院勤務の場合再就職は難しい。注射針を入れることが少ないので出来ない人もいる。机に向かって誰も読まない看護日誌をつけるのが仕事です。どうしても太りウエストがない人ばかりになります。看護婦に論文を書かせる病院も出てきました。患者を見よ、ということでしょうね。看護婦の離婚は多い。その理由はある程度の経済力があるし、
夫も看護士なら3交代なので子作り行動がマッチしにくい。一番男に嫌がられるのは「今度はあなたの番よ」という言葉です。看護婦の世界は軍隊のように役割が毎日変わり、やることがその日その日で決まっています。当番の仕事以外はしなくて良い。それを家庭に持ち込んで、なんでも交代制に新婚生活が終わると必ずなります。 男の看護士をあごで使う気の強い人ばかりですので喧嘩は強い。家庭では思いやりが必要で、何でも交代制で「今度はあなたの番よ」と言われると男性は嫌になり離婚という事態になる。離婚後は女性は哀れです。思っていたほどモテず次の男性は現れません。職場も首になると行くところがない。老人病院も儲からなくなって人員削減しているので無理です。今病院に行っている人は良いクリニックに行った方が気分はいいでしょう。br_c_1385_1br_c_1385_1 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

今盛んに言われているのは老後難民の問題です。老後の心配もいいですが、今日を楽しむ方が大切だと思います。明日死ぬかもしれないのですから。いつの時代も日本人は心配ばかりしています。昭和30年代が良かったと懐かしむ人もいます。「東京タワー」の世界です。そこ頃の新聞には、子供がどんどん増加していたのでこの子らが大人になる頃、新聞は大失業時代が来ると書いて不安を煽っていました。実際は経済成長し彼らはそれを押し上げる原動力になった。アメリカでは老人は外来で治すのみで、入院はありません。医療費が高いこともあるし、そんなものだと言う死生観なのでしょう。子供も年に1回帰って来る程度で、配偶者に先立たれると孤独になるのは当然と考えている。それがいけないと日本では老健施設が雨後の筍のように出来ました。本来人間は孤独なものです。会社、組織、集団に属していると孤独は紛れます。その時逆に孤独を感じる人はよく出来た人です。他者に依存もしないし自分の世界を構築している。先を案じるのはうつの症状です。経済予測が当たったことがあるでしょうか?誰がバブルの崩壊を言い当てたでしょうか?取り越し苦労を止め、今日1日の枠内で生きると考える癖をつけるといいです。
work hard,play hard,rest hardとアメリカ人は言います。br_c_1385_1 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ